まもなく閉店(涙)!感謝セールで最新アイテムが割安(喜)!悲喜こもごも『銀のぶどう』松屋銀座店

【※松屋銀座からは退店しました。現在は大丸東京店】
銀のぶどう 松屋銀座店 大丸東京店 

銀のぶどう(HP
大丸東京店 1F 営業時間/10:00~21:00

シュガーバター04
『シュガーバターの木』(13袋入り) 910円のところ→798円
※銀のぶどう松屋銀座店 閉店感謝セール:~2010年5月31日まで
※松屋銀座店限定価格


※現在は『銀のぶどう』東急東横店のれん街・大丸東京店/羽田空港第1ターミナル2F/
『シュガーバターの木』JR上野駅店・JR大宮駅店で購入可能です


癒され指数 ★★★(キモチ、星3ちょい切れです)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

銀のぶどう』の最新アイテム、『シュガーバターの木』。
大丸東京店と東急東横のれん街店の2店舗での限定販売だったんですが
いよいよ松屋銀座店にも登場!
しかも12%割引になっている!
これは買っておかねば!!
…と駆け寄ったところ
待ち受けていたのはショッキングなお知らせ…。

シュガーバター06

なんと『銀のぶどう 銀座松屋店 閉店』…。

その閉店セールとして、最新アイテムの『シュガーバターの木』シリーズが
割安で購入できる、というワケなんですよ…。
銀座 ぶどうの木』という店名は地方でもかなりメジャーなので
手土産に、そしてもちろん自分用スイーツに…と
特にこの銀座松屋店、こまめに使わせて頂いたお店なんですよね…。
店員さんの呼び込みや発声も独特で、
あの甲高い声が松屋銀座から消えるのか…と思うと
一抹の寂しさを覚えますねー。

シュガーバター08

さて、気を取り直して、『シュガーバターの木』なんですが。
“焦がしバターと焦がし砂糖のシリアルスイーツ”という
なんとも香ばしい響きに、相当期待しておりました。

が。

香ばしいというよりは、スカスカ。
リッチというよりはカサカサの乾き切った生地。

シュガーバター03

そう、これ、見た目が不二家の『ホームパイ』風なので、
どうしてもパイ風味を思い浮かべてしまうんですよねー。
『焦がしバター』なんてウリ文句も、パイ的な表現ですし。

でも、そう、これ、シリアルなんですよ。
シリアルだったらこの食感は当然。
シリアルと考えれば、普通のシリアルよりも
甘さもバターのコクも感じられます。

シュガーバター01

全粒粉とライ麦のシリアルボードに、シュガーバター。
『クラコット』のシュガーバター味というのが、一番近い表現でしょうか。

お店の方が『生地を少し温めて、牛乳に浸して食べると美味しいですよ!
といったことを思い出し、試してみると…。
確かにシリアルなので、牛乳にはよく合います。
それよりも温めたら生地が美味しくなることにビックリ!
温めることでバターの香りと砂糖の甘みが表面に浮かび上がってきて
なんともイイ感じなんですよねー。
しかも温めるとスジに沿ってパキッと折れるので、
一本一本スティック状にしてポリポリ食べるのもこれまたオツなものです。

牛乳につけなくてもいいから、生地は温めてみるべし!

シュガーバターサンド02

『シュガーバターサンドの木』(10袋入り) 670円のところ→588円
【※銀のぶどう松屋銀座店 閉店感謝セール:~2010年5月31日まで】
【※松屋銀座店限定価格】


シュガーバターサンド01

シュガーバターの木』のシリアルボードで
ホワイトチョコをサンドした、5月中旬に発売したばかりのニューアイテム
これも松屋銀座店で、今なら12%引きで購入できます。

シュガーバターサンド010

こちらはねっとりとしたタイプのミルキーなホワイトチョコ。
こっちのほうが“お菓子”としての存在感もあるし
ホワイトチョコのつなぎのお陰で、水がなくても食べられます。

シュガーバターサンド08

ホワイトチョコをサンドした、こっちのほうが断然美味しい!
…と食べた瞬間は思うんですが
何故か、その後、ホワイトチョコがサンドされていない方
(冒頭で紹介した生地のみの方)が無性に恋しくなるから、不思議…。

シュガーバターサンド07

あ、ちなみにこっちは温めない方がいいと思われます。

銀座松屋店でなら、今なら買い求め安い価格だし
(閉店感謝セールなので、松屋銀座店だけの価格だそうです)
両方購入して、どっちが美味しいか、食べ比べてみるのもいいかも。

調べたら、なんと池袋の『銀のぶどう』もまもなく閉店
ちょっと心配…。

※『銀のぶどう』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『シュガーバターの木』/『シュガーバターサンドの木』
『白らら』
『桜のブランマンジェ』
『しょこらね カフェオレンジ』
『銀ぶのプリン/黒糖マロン』

Comments 0