Welcome to my blog

庶民派ケーキの代表・コージーコーナーの本領発揮!『プリンフェア』

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

銀座コージーコーナー 銀座1丁目本店

『銀座コージーコーナー』銀座1丁目本店(HP
東京都中央区銀座1-8-1 池田園ビル
営業時間 テイクアウト/10:00~21:00
ぷりんろーる03
『ぷりんろ~る』 1個 189円
【※プリンフェア期間中(2010年5月16日まで)の限定販売】

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

ぷりんろーる02

プリンを巻き込んだロールケーキって、最近珍しくない商品ですが
こんなふうに断面が“いかにもプリン”なデザイン、
あるようでなかったかも!!
これはニクイです!
そして、なんとカワイイこと!
いやー、やりますね、『コージーコーナー』!!
ぷりんろーる05

しかもこれ、オイシイから、ますます「やるなあ!」ってな感じなんですよ。
中のプリンはしっかりとした固めの生地。
プリンらしい存在感があります。
スポンジにはカラメルシロップがしみこませてあって、
これがプリンと生クリームの相性をさらに高めてくれてます。
スポンジもプリンも卵の風味がしっかり生きてます。
これで200円以下とは、うーーん、エライ!!
やるなあ!としか言いようがないです。

凛プリン03

『凛としたプリン』 1個 210円

凛とした…って、
つまりたたずまいが凛としている固めのプリンってことなんですね。
「なめらか」「とろける」といった軟弱プリンの流行には流されないよ!
そんなサムライ魂が感じられるプリンです。

凛プリン07

すくっても断面が流れ出すことはなく、すくったまんまの形を保ってます。

舌の上でも崩れないこの固さ、昭和世代には本当に本当に懐かしい!
ホント、昔ながらのプリンです。
固いプリンもいいもんだなー、と改めて感じさせてくれます。

凛プリン04

カラメルもサラッとしていて、なおかつたっぷり入っているのも
いい感じ。

最近コンビニスイーツのクオリティがかなり上がっていて
同じような値段で出している『コージーコーナー』はちょっと押され気味の印象でしたが
この『プリンフェア』で庶民派ケーキ店の本領発揮!
庶民のツボを押さえた内容と、その実力をしかと見せてくれました。

※『銀座コージーコーナー』のその他のレポート記事はコチラ
『苺のショートケーキ』
『フレンチトースト』【銀座1丁目本店カフェ限定メニュー】
『3個で1000円お買い得デー』(いちごまっちゃ・フルーツケーキ・アップルパイ)
『シュークリームの日・ジャンボシュークリーム&エクレア』
『ラ・フランスのパフェ』
『世界のカップデザートフェア・日本』
『世界のカップデザートフェア・イングランド』
『世界のカップデザートフェア・ポルトガル』
『ビーフカレー』

Comments 0

There are no comments yet.