Welcome to my blog

食べると悲惨、でも満足!パリの有名店の人気クロワッサン

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

Dominique SAIBRON(ドミニク・サブロン)
PLAZA GINZA店 銀座三越店

【※2010年8月末でPLAZA GINZA店は閉店、9月11日に銀座三越店に移店】

チョコクロ01

(左) ショコクロ 260円
(右) クロワッサン 231円


癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

パリで5本の指に入るという、人気の高級ブーランジェリー『ドミニク・サブロン』の
一番人気を誇るクロワッサン!
パリの朝、といえばクロワッサンですよね。
そのパリで5本の指に入るパンのお店のクロワッサン!
…かなりすごそう!
期待もおのずと高まります。

チョコクロ02

薄い板チョコをくわえたような、愛嬌ある『ショコクロ』と
ノーマルな『クロワッサン』、2種類を購入。
『クロワッサン』 231円

クロワッサン05

フランス産AOC発酵バターを使用した、高級クロワッサン!
とにかくバターの香りがスゴイ。

クロワッサン07

表面はパリパリサクサク。
そして中はややモッチリ。
キレイに巻き込まれた細やかな層からバターの風味とコクがたちのぼります!

クロワッサン03

オイシイ!
しかし、噛む側からボロボロ崩れて
唇にも手にも、そして服にもクロワッサンの細かい表皮が散らばり、
結構大変なことになります。
日焼けが剥けたような…そんな壮絶な姿になりますので
好きな人の前で食べるのは避けた方がよいかも…。
食べ方注意なクロワッサンです。


『ショコクロ』 260円

チョコクロ02

ドミニク・サブロン特製の薄いチョコをサンド。
チョコ入りなので甘いパンと思いきや、意外にもその逆。

チョコクロ06

チョコレートが薄っぺらなので、
生地のバターの風味の強さにチョコの存在感がかき消されてしまうんですよね。
でもこのチョコがかなりビターなタイプなので
後口にさりげなくチョコの苦味が残るんです。
このほろ苦さがバターのコクをいい感じに引き締めてくれてる感じ。
なんともオトナな味わいです。

チョコクロ07

『チョコクロ』といえば、有名チェーン店のあの『チョコクロ』を思い浮かべるため
激甘なイメージですが、これは全く逆なので
甘いのが好きな方には、ノーマルなクロワッサンがおススメ。
個人的にもノーマルなクロワッサンのほうが好きかなー。

外観02

このクロワッサンとコーヒーで朝を迎える…憧れだなー。

ドミニク・サブロン』は2009年に日本に初進出!
現在東京を中心に6店舗の展開。東京土産に、是非。

※『ドミニク・サブロン』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
LOVE&RUSK ラスク・ド・フレーズ

Comments 2

There are no comments yet.
さおり  
憧れの

今年10月にフランスへ行こうと思ってるのですが、
パリの街角のブーランジェリーでフランス語で
”アン クロワッサン スィルブプレ”と頼むのが
夢なのでありまする。
普段はバターが重過ぎてたまにしか口にしませんが
オシャレなチョコがはさんであると、3時にコーヒーと
いただきたくなりますなあ。
パリのドミニクサブロン・・・おぼえとこっと。

チーム*プロデュース  
◆さおりさま

ドミニクサブロンはクロワッサンもオススメですがバゲットも食べる価値アリですよ。
なんたってパリ最優秀バゲットコンクールで3位を獲得!って話です。
フランスで本場のパン、うらやましいです。
旅行、楽しんできて下さいねー。