ドラキュラの故郷 ルーマニアの郷土料理が銀座で「ダリエ」

【※2011年8月13日閉店しました】

ルーマニアレストラン ダリエ

東京都中央区銀座7-8-5 植松ビルB1 HPはこちら

ランチ  月~土 11:30~16:00(L.O.15:00) 
ディナー 月~土 17:00~22:30(L.O.21:30) 
ランチ  祝日  12:00~16:00(L.O.15:00) 
ディナー 祝日  17:00~22:00(L.O.21:00) 
定休日   日曜日 

◆土日祝ランチ情報◆ 土曜、祝日は通常ランチ 日曜はお休みです

ボリューム ★★★☆☆(パンのお替り自由 ライスは大盛りサービス)
また行きたい度 ★★★☆☆(個性の強い料理で、好き嫌いが分かれそう

この店の一品
ダリエ_ミティティー01
サービスランチ ミティティー  950円
チョルバ(ルーマニアスープ) パンorライス コーヒー付き
ダリエ_ミティティー02

ミティティーは、シシケバブに近い感じです。
硬めのハンバーグとか、皮の無いソーセージ…といった感じでしょうか。
お店の説明によると、「ルーマニア特有の棒状肉団子」だそうで。
ちなみに、肉はビーフとラムの合い挽きだそうで、独特のニオイがあります。

ダリエ_付属

サワークリームを浮かべた野菜スープが美味!
ふっくらとしたパンがたっぷり付いてきて
しかもお替りできるのがウレシイ!

続いての一品
ダリエ_チキン01
サービスランチ トカニッツァ&ママリーガ  950円
チョルバ(ルーマニアスープ) パンorライス コーヒー付き

ダリエ_チキン02

トカニッツァは、ルーマニア風の柔らかチキン煮込み。
トマトベースのソースで煮込んであるようですが
トマトの風味というよりは塩ッ気が強いかな…。

鶏肉はフォークでもホロッと崩れる柔らかさが魅力ですが
ちょっと鶏肉臭さが出てて、個人的にはその点が厳しかったです。

ダリエ_チキン03

ママリーガは、コーンミールの料理で、食感はマッシュポテトみたいな感じ。

おまけの一品
ダリエ_パパナッシュ01
パパナッシュ  ランチにプラスすると550円増しの1500円
パパナッシュとコーヒーのセットは950円

この店の名物、ルーマニアのデザート。
見た目が“ドラキュラの国の食べ物”チックですねー。
なんと、生地はカッテージチーズを裏ごししたものなんだとか。
その生地が隠れるぐらい掛かったソースは
チェリージャムとサワークリーム。

日本でこのパパナッシュが作れるシェフは『ダリエ』のお店のシェフ一人だけらしいです。

ダリエ_パパナッシュ02

外側はカリカリ、中身はふんわり。生地は中華の揚げパン的です。
甘酸っぱいソースが良く合います。
たっぷり掛かりすぎに見えますが、生地がソースを吸ってしまうので
もっと掛かってても大丈夫かも。

ダリエ_メニュー

入れ替わりが激しい銀座で、長くやっているお店ですよねー。
ルーマニア料理…と聞くと、どんな料理かピンとこないため
入りづらいイメージがあるかもしれませんが
ちょっと古びた感じでとってもアットホームな雰囲気です。

ダリエ_外観

本場の料理を食べたことはないのですが
日本人の舌に合わせず、ルーマニアの味に忠実、っていう気がします。
このクセのある味が、長く続ける秘訣なのかもしれません。

Comments 0