Welcome to my blog

怖いカワイイ憎らしい!?イチゴのティラミス

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

【※2019年10月29日銀座三越店は閉店しました】
菓乃実の杜 銀座三越店

菓乃実の杜(HP)
銀座三越 B1F 営業時間/10:00~20:00

いちごティラミス01
『いちごのティラミス』 420円

癒され指数 ★★★(3.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

キモい+カワイイ=“キモカワ”というならば
これは怖い+カワイイで、“コワカワ”ってとこでしょうか。
苺がぱっくり口を開けたユーモラスな表情が
かわいらしくもあり、どことなく怖くもあり…。

いちごティラミス03

小さい頃『セサミストリート』を見て
うっすら感じた恐怖に通じるものを覚えてしまいます…。
いちごティラミス010

いちごのティラミス』というネーミングなので
もしやマスカルポーネの部分がいちご風味だったりするのかな?
もしくは、中にいちごが入っているのかな?…と期待したんですが、
この、てっぺんで大口開けてるパックマンみたいなイチゴ、
ここだけが『いちごのティラミス』の“イチゴ”で
後は普通のティラミスです。

いちごティラミス07

このイチゴの表情からして、実は味はそこまで期待していなかったんですが(す、スミマセン)
実は意外にも、本格的なオトナのティラミス!だったんです。

香り豊かなココアパウダー、
なめらかで優しいコクと爽やかさをあわせもつマスカルポーネ。
そして「オトナのティラミス」を印象付けるのが、ジューシーな生地!
じょわじょわーっと後から後からリキュールが染み出してくるのが
もー、たまりません!

いちごティラミス011

だからといってお酒が強いかというとそうではなく
また、ティラミスってココアパウダーがやけに苦いものもありますが
これはそういう苦さも無いので
ひょっとしたら子供でも食べられるんじゃないかなーと思わせます。
それでいてオトナも満足できるという、なかなかニクイ味わいなんですね。

食べる前までは“コワカワ”な表情のイチゴでしたが、
ティラミスの美味しさに、イチゴの表情を改めて見ると
なんとなく「してやったり」顔に見えてくるんですよねー。

※菓乃実の杜のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
→『抹茶のティラミス』【※2010年5月銀座三越『ちゃ・茶・CHA』フェアの企画商品】
→『カウントダウンうさぎ』/『ニューイヤードラゴン』 【※2011~12年 干支スイーツ】
→『ハロウィンカップケーキ』 【※2011年10月31日までのハロウィン限定商品】
→『ライオンのレアチーズ』/『ぴよこ
→『おひなさまケーキ』(2010年ひな祭り限定商品)
→『抹茶のティラミス』【※2010年5月銀座三越『ちゃ・茶・CHA』フェアの企画商品】
→『ポンムベール』【※2010年七夕スイーツ】
→『ハッピータイガー』(2010年寅年限定商品)
→『おばけのチョコレートケーキ』(2009年ハロウィン限定商品)
→『いちごうさぎ』(2009年お月見限定商品)
→『枝豆のブラマンジェ』(2009年カゴメと銀座三越のコラボ限定商品)

Comments 0

There are no comments yet.