Welcome to my blog

手土産におススメ!個人的焼菓子NO.1店『エコール・クリオロ』その②~ヨーヨー・マカロン~

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

エコール・クリオロ ~要町/中目黒

エコール・クリオロ(HP)
【本店】東京都豊島区要町3-9-7 1F
営業時間/10:00~19:00 定休日/火
【中目黒店】東京都目黒区上目黒1-23-1
営業時間/11:00~21:00 定休日/不定休

ヨーヨー3ショット01
『ヨーヨー・マカロン』 1個 210円
(左奥)カラメル(手前)ショコラ(右奥)マッチャ

癒され指数 ★★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

エコール・クリオロ』の焼菓子の中で一番人気を誇るのがこちらの『ヨーヨー・マカロン』。
マカロンというより、見た目ダックワーズなんですが、
いわゆる、よく見るマカロンと生地に使う材料は一緒で
混ぜ方を変えて、膨らむように仕上げると
こんなふうにダックワーズ風のマカロンになるらしいんですね。
材料が一緒とはいえ、マカロンとは食感もボリューム感も全く異なります。

薄い生地のマカロンでは挟みきれないと思われるたっぷりのガナッシュクリームが
この厚めの生地にサンドされている、これも『ヨーヨー・マカロン』の特徴です。
『ヨーヨー・マカロン ショコラ』
ヨーヨーショコラ03

見た目、ヨーヨーに似ていることから名付けられたという『ヨーヨー・マカロン』。
コロンとした姿も憎らしいかわいらしさです。

ヨーヨーショコラ05

ふわっとした軽い生地を口に入れるとショコラの風味が濃厚に立ち上ります。
中のチョコレートガナッシュはとっても滑らかな口当たり!

ヨーヨーショコラ06

このチョコレートガナッシュが生地と一体となって
まるでとろけるように口の中で崩れていくさまは官能的ですらあります!
後口にフワッと広がるカカオの香りもたまりません!
焼菓子No.1の座を射止めるだけある、実力を感じさせる一品です。

ヨーヨーショコラ04


『ヨーヨー・マカロン マッチャ』
ヨーヨー抹茶08

生地からは抹茶の芳醇な香りが!
抹茶の香りが鮮烈なため“和”のインパクトが強いせいか
中はチョコレートガナッシュなのに、思わず「あんこがサンドされてる?」
なんて錯覚してしまいます。

ヨーヨー抹茶07

フランス人パティシェのサントスさんは
フランス菓子に日本の素材を組み合わせるのがお得意、と聞いたことがありますが
まさに得意分野だなー、と思わせます。

ヨーヨー抹茶05

抹茶とチョコレートで、日本の美意識を感じさせてくれる、
そんな一品です。

ヨーヨー抹茶04

『ヨーヨー・マカロン カフェカラメル』
ヨーヨーカフェカラメル02

一方がコーヒー味の生地、もう一方がキャラメル風味の生地になってます。

ヨーヨーカフェカラメル04

カフェのほろ苦い風味とキャラメルの香ばしい甘さ、このコントラストが素晴らしい。
チョコレートガナッシュとの相性も絶妙!

ヨーヨーカフェカラメル06

ヨーヨー・マカロン』は定番はこの他に『ユズ』と『アールグレイ』の味があって計5種類。
季節によっていろんな味が登場するらしいです。

この『ヨーヨー・マカロン』はかつて手土産に使ってすごく喜ばれた思い出が…。
10日ほど日持ちもするし、マカロンとはいえ要冷蔵ではないので、手土産にも送るにも重宝します。
通信販売もあるので、気になる方は是非!

このヨーヨー、スケバン刑事のヨーヨーばりに
ノックダウンさせてくれますよ!ホント「なめたらいかんぜよ!」な美味しさです。

ヨーヨーカフェカラメル05

※『エコール・クリオロ』その他のスイーツのレポート記事はコチラ
フィナンシェ

Comments 0

There are no comments yet.