舌が恋する花街の美人スイーツ『抹茶ババロア』

紀の善』 ~神楽坂

抹茶ババロア01

『抹茶ババロア』 787円

癒され指数 ★★★★(4.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M顔です。

神楽坂といえば『紀の善』、『紀の善』といえば『抹茶ババロア』というくらい
私の頭にしっかりインプットされている神楽坂名物。
テレビや雑誌で紹介されまくっている有名すぎる甘味処です。
上京前からこの『抹茶ババロア』を食べるのが夢だったんですが
上京10年以上を経て(遅っ)ようやく念願の夢が叶いました!
珍しく行列も短く、待ち時間もわずかで済みそうなナイスタイミングに入店しました。
抹茶ババロア06

出てきてまず、『抹茶ババロア』の鮮やかで美しい緑色に感動!
画像では淡いグリーンですが、見た目はもっと濃い深いグリーンです。
そしてぽってり乗った白いクリームがこの緑に映えること映えること!
さらに添えられた粒餡が薄紫色っぽい上品な色を放っています。

抹茶ババロア05

抹茶ババロアにはお茶席にも使えるほど上質な『楽山』の抹茶をふんだんにつかっているそう。
甘さをぐっと控えた、もったりとした舌触り。
そしてホイップクリームがこれまた無糖。
ババロアもクリームも甘さが抑え目なのに、この2つが一体となったとき
えもいわれぬ美味しさとコクが広がるんですねー。
そして粒餡は丹波の大納言。皮が柔らかくて上品な甘さ。
この甘さがババロアとクリームの風味をさらに盛り上げます。

お茶お菓子

テーブルに着くとまず運ばれてくるのがお茶と不思議な形のおせんべい。
これ、豚の形らしいです。
こういうとこも女性のココロをつかんでますねー。
(ちなみに、3人で行ったので、3人分です。つまり1人につきお煎餅は1枚ってことですね)

メニュー

長年恋焦がれた『抹茶ババロア』。食べれば舌がポッと一目惚れする美人スイーツ。
花街・神楽坂にふさわしい華のあるお味でした。
いろいろメニューはありますが、『紀の善』ではこの『抹茶ババロア』を食べるのが正解です。
あ、ちなみにこれ、テイクアウトもできます。

外観

『紀の善』(HP) 
東京都新宿神楽坂1-12 紀の善ビル
営業時間/11:00~20:30(月~土曜)12:00~17:30(祝・日曜日)
定休日/毎月第三日曜

Comments 0