ザクザクッ…と押し寄せる歯応えと余韻に惚れてまう!男気ミルフィーユ

MATTERHORN(マッターホーン) ~学芸大学

マッターホーン(HP
東京都目黒区鷹番3-5-1
営業時間/9:00~19:30(ショップ) 10:00~19:30(喫茶) 定休日/火曜日

マッターホーン_ミルフィーユ05
『ミルフィーユ』 300円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

昔から“縁取る(ふちどる)”という好意が大好きでした。
八百屋の娘なので、幼い頃から値札のポップを描いていたせいかもしれません…。
文字を別の色で丁寧に縁取ったとき、文字がくっきり浮かび上がる、あの興奮!
…かなりマニアックな性癖で、分かってもらいにくいかとは思うのですが…。
で、なんでこんな話から入るのか、というと。

それと同じ興奮を、この『ミルフィーユ』から感じたワケですねー。
ミルフィーユがスポンジで縁取られている!!
と!!
マッターホーン_ミルフィーユ03

スポンジで縁取られることで、
ミルフィーユの層の美しさ、バタークリームとのコントラストがキレイに浮かび上がっていて
その美しさにはもーー、一目惚れですよ!

さらにこのガッシリと逞しい感じ、荒っぽい雰囲気!
繊細で可憐なキレイ系スイーツももちろん好きですが
こういったガテン系のケーキには、たまらなくそそられるんですよねー。

マッターホーン_ミルフィーユ02

フォークを入れると最後の最後までザクザクザク…っと香ばしい響きが続きます。
このザクザク音と、手から伝わるザクザクの振動に
もーーー、ゾックゾクします!

できることならこのまま永遠に切っていたい…そんな思いすらする、官能的な響きと振動。
このミルフィーユをずっと切っていられるなら
『マッターホーン』で働きたい!と本気で思います。

マッターホーン_ミルフィーユ04

味のほうも、もちろん最高です!
香ばしいパイ生地はかみ締めるたび、層の間から怒涛のごとくバターの風味があふれ出し
甘さ控えめの、口溶けのよいバタークリームと重なると、さらなるコクを発揮!
口の中でもザクザクの余韻が続き、ウットリです。

マッターホーン_パッケージ

これ食べちゃうと、普通の生クリームのミルフィーユなんて
頼りなくて食べてらんない!ってな気がしてくるほどです。

男気あふれるミルフィーユ!

一目惚れでしたが、
食べて完全に惚れました!!

マッターホーン_外観

※『マッターホーン』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『ダミエ』
『バームクーヘン』
『ロールケーキ』
東京スイーツ★4_スイーツ

Comments 0