Welcome to my blog

この夏、大胆に北斎を食らう!?

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

FAUCHON フォション 日本橋タカシマヤ店

フォション(HP
日本橋タカシマヤ B1F 営業時間/10:00~20:00

フォション_エクレールラヴァーグ01

『エクレール ラ・ヴァーグ』 525円
【※2009年9月1日までの夏季限定商品】

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

カラフルでデコラティブなエクレアが毎回楽しみな『フォション』ですが…
(※過去の『フォション』のエクレアの記事はコチラ
いやあ、今回もやってくれました!
今年の夏、登場したのはなんと葛飾北斎!
「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」ですよ。

フォション_エクレールラヴァーグ07

170年余りの時を経て、よもや自分の絵が食べられることになろうとは…
北斎は思いもよらなかったことでしょう…。
フォション_エクレールラヴァーグ09

フランス人のパティシエが、北斎のこの画を見て感銘を受け、
どうしても北斎の海を取り入れたい!と思ったことから誕生したそうです。

どんなプリント技術なのか企業秘密のため分かりませんが
北斎ブルーが鮮やかに映し出されていて、それはそれは美しいんです!

フォション_エクレールラヴァーグ08

実はこれ、食べるの、勇気がいるんですよねぇ。
北斎の画を食べるという、ありがたいやら勿体無いやら…という恐れ多さと
なんだか、刺青を食べるような…刺青をした腕にかぶりつくような
そんな恐ろしい錯覚にとらわれ、
一瞬ひるみます。

フォション_エクレールラヴァーグ04

こんがり焼けた、やや弾力のある固めのシュー生地が
日焼けした肌を髣髴とさせ
塩味のカスタードのしょっぱさが、肌ににじんだ汗を感じさせ…
…食べるとますます、刺青入りの腕を食べているようなホラー感が到来。
…こんなふうに思うの、私だけだと思いますが。

フォション_エクレールラヴァーグ06

スリリング、という意味でも、夏向きのエクレアといえそう…。

そう、実は海の画にちなんで、中のカスタードが塩味なんですねー。
世界で最もおいしいバターの一つといわれる、有塩のエシレバターで風味付けしたものらしいです。
想像以上にしょっぱいカスタードでちょっと驚きます。
そして北斎チョコとその下のホワイトチョコは結構な甘さ。
ということで、
舌の上で、塩VS砂糖の仁義無き闘いが展開します…。
…どうしても『任侠』チックになってしまうこと、お許し下さい…。

フォション_エクレールラヴァーグ05

それにしても北斎の画がこうして食べられる世の中になるとは。
しかしこれ、『赤富士』だったら…と思うと
かなり不味そうなビジュアルになりますから、フォションのセンスはサスガというか
フォションのパティシエが感銘を受けた画が、海の方の浮世絵でホント良かったと思うばかりです。

フォション_エクレールラヴァーグ010

手土産にするとビックリされる、ウケること間違いナシ。

海に行ける大胆さはなくしてしまった私ですが
この北斎エクレアを食べる大胆さに恵まれた夏!
フォション様、素敵な刺激をありがとう!

※『フォション』のその他のスイーツのレポート記事はこちら
→『カムフライトピーチ』/『アクアティック バニーユ
→『シュー オ フレーズ エ アマンド
→『コーテフルーリ
→『フォションクリスマスキッス』【※2011年クリスマス限定商品】

Comments 0

There are no comments yet.