Welcome to my blog

食べ手を選ぶ!?老舗の人気シュークリーム 「ウエスト」銀座本店

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

洋菓子舗 ウエスト 銀座本店

『洋菓子舗 ウエスト』銀座本店(HP
東京都中央区銀座7-3-6
営業時間/9:00~23:00(月~金) 9:00~21:00(土・日・祝) 定休日/なし

ウエスト_シュークリーム01

『シュークリーム』 399円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

ウエスト』といえば、『リーフパイ』とそう、この『シュークリーム』です。
見るからに“昔ながらのシュークリーム”という、
一見どーってことないシュークリームに思えます。
しかし、この素朴すぎるシュークリームが実は恐るべき美味しさを誇る!
それが東京の老舗洋菓子店のシュークリームなんです。

ウエスト_シュークリーム02

個人的にはクドウ』『しろたえ、そしてこの『ウエスト』昔系シュー・東京ベスト3です。
ウエスト_シュークリーム05

華やかなスイーツを見慣れている目には特に、素朴過ぎなシュークリームに映ることでしょう。
これ1個に400円近くも出すなんてどーよ、と思うことでしょう。
しかしこのシュークリーム、普通のシュークリームの1.5~2倍はあるんですねー。
直径は約10センチ。持つとズシッと重みを感じます。

ウエスト_シュークリーム04

割ると溢れんばかりのカスタードクリーム。
極薄の皮に詰めるだけ詰めました!という職人の勝負魂が感じられます。
よく皮が破裂しなかったもんだ…と感心する程、隙間無くカスタードがぎっしり詰まってます。

ウエスト_シュークリーム03

皮はふんわり、羽のような軽やかさ!
そしてカスタードは、バニラビーンズやリキュールたっぷり系ではなく
余計な小細工ナシ!といった豊かな卵の風味が魅力。
丁寧に作られたのがよく分かる、舌にしっとりなじむ滑らかさです。
こんなに量が詰まっていても全くしつこくないんですよねー。

シンプルだからこそ、誤魔化しがきかない!底力あるシュークリーム。
実は昔はこのシュークリーム、ピンとこなかったんです…。
でもこうしていろんなお菓子を食べているうち、
改めて食べて「これってやっぱりスゴイわ!」と気付かされたんですねー。

舌も味の分かる年齢になってきたってことでしょうか。
そういう意味では食べ手を選ぶ『シュークリーム』といえるかも。
この真価が分かる、そんな選ばれた舌をようやく持てた気がして
なんだか妙に感激してしまうのでした。

※『ウエスト』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『エクレア』/『ゴルゴンゾーラパフ』/『クリームパフ』/『シュークリーム』
『リーフパイ』
『エクレア』 
『モザイクケーキ』/『フロメスト』

Comments 0

There are no comments yet.