東京駅で昭和レトロ気分 カフェバー「Depot(デポ)」の「ほろ苦プリンセット」

Depot(デポ) グランスタ東京 
Depot(HP
グランスタ東京(改札外) B1F
プリン03
ほろ苦プリンセット 980円
コーヒーor紅茶・バニラアイス付

癒され指数 ★★★(★3.3)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

プリン01

2020年8月にオープンした新改札口「グランスタ地下北口」を出たところ、ノスタルジックなムード漂うカフェバー「Depot(デポ)」。
昭和レトロサーバーで注ぐ生ビールやナポリタン、クリームソーダなど、メニューも懐かしさを感じるものばかり。
そんなこちらのお店で話題を集めているのが、この四角いかためプリン! 
ポスター

土日には早い時間帯で売り切れることも多い「ほろ苦プリン」。
最近ではテイクアウトもできるようになり、東京土産としても人気を博しているそう。

プリン04

お目当ては、抹茶プリンとほろ苦プリンのWプリンが楽しめる「プリンアラモード」だったのですが、
平日の昼過ぎだったにも関わらず、すでに売り切れ…。
「ほろ苦プリン」にドリンクとアイスが付くセットにしました。

プリン06

しっかりと角が立ったエッジのきいた焼きプリン。
見た目からも固めであることが感じられます。
冒頭の写真のようにアイスを乗せても沈まないで自立!

カラメル

カラメルソースはピッチャーで付いてきます。

プリン09

とろりとした黒褐色のカラメルソースにはエスプレッソが入っているそうで
カラメルソースだけなめるととっても苦いのですが…

プリン07

卵感強めの濃厚なプリンと味わうと、カラメルのビター具合がちょうどイイ感じの大人のほろ苦さに。
プリンの食感は硬めながらつるんと舌触りが良く、もっちり感も。
ボリュームもあり満足度もバッチリ。

コーヒー01

コーヒーか紅茶が選べるドリンクは、コーヒーを選択。

コーヒー

ユニークな形のカップ&ソーサ―で、持ち上げると実は深めのコップという…。
コーヒーもたっぷりの量でウレシイ。

アイス01

脚付きの銀の容器で提供されるバニラアイスにチェリー。
昭和にタイムトリップ!

アイス

私はアイスをプリンに乗っけて頂きましたが、もちろんそのままでも美味しいし
熱々のコーヒーを注いでアフォガードっぽく食べるのもいいかも。

プリン05

プリンは単品のみだと500円。
でも、コーヒーに合うプリンだし、甘さ控えめプリンなのでバニラアイスと食べるとちょうど良いかと。
個人的にはセットをおススメします。
そして次回は必ず「プリンアラモード」を…!

外観

カウンター席のみなので、一人でプリンに向きあっていると東京駅にいることを忘れてしまいそう…。

Comments 0