2021年12月オープン!「果実園リーベル」日比谷シャンテ店 圧巻!一番人気「いちごパフェ」

果実園リーベル 日比谷シャンテ店
果実園(HP
日比谷シャンテ 2F

苺パフェ05
いちごパフェ 2,200円
癒され指数 ★★★(★3.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

昨年(2021年)12月10日、日比谷シャンテ2Fにオープンした「果実園リーベル」日比谷シャンテ店。
これまで利用していた「果実園」東京店は東京駅キッチンストリートの改装につき2022年春まで休業中、
果物が美味しくなる秋冬のメニューはおあずけだと思っていたので、日比谷シャンテ店オープンは嬉しいニュース!
外観

訪問したのは昨年(2021年)12月の最終週。
しばらくは混んでいるだろうし、年が明けて落ち着いてから行こうと思っていたのですが…意外にもすぐ入れる様子。
せっかくの好タイミング、迷わず入店。

パフェメニュー

選んだのは、この日オーダーが殺到していた『いちごパフェ』。
「果実園」で苺のパフェといえば『あまおうのパフェ』『スリーベリーパフェ』は食べたことがあったのですが、
一番人気の『いちごのパフェ』は食べたことなかったっけ…。

苺パフェ01

真っ赤な苺が高~く積み上げられた、圧巻の苺パフェ。
てっぺんからグラスの底まで苺ぎっしり!

苺パフェ03

なんと1杯のパフェにつき、約1.5パック分ものフレッシュな苺が使われているそう。

苺パフェ09

「果実園」のパフェの特徴はフルーツ8割、その他の素材2割。
「いちごパフェ」に関しては苺、ホイップクリーム、バニラアイス、ストロベリーアイス、いちごソースというシンプルな展開で
とにかく苺を食べなきゃ先に進めないという、苺好きには悩ましい贅沢構成。

苺パフェ07

トップの苺を食べ切るだけでも、かなりの満足度。
程よく酸味もあって、甘さもしっかりのっていて、旬の苺らしい苺の美味しさが思う存分味わえます。

苺パフェ12

トップの苺を食べるとバニラアイスが登場…

苺パフェ13

その下にはストロベリーアイス。
アイスで苺の味変を楽しみつつ…

苺パフェ08

パフェ後半、グラスの中は苺のみ!潔い!
質の高い苺じゃないとできないですよね。
さすが「果実園」の一番人気だけあって、苺に圧倒される圧巻のパフェでした。

「いちごパフェ」は通年メニューで、その時の美味しい苺が選ばれるようですが、
やっぱり苺が美味しい今の時期に食べるのがおススメかと。

※『果実園』東京店のスイーツのレポート記事はコチラ
『スリーベリーパフェ』
『いちじくパフェ』【※季節限定】
『桃のパフェ』【※季節限定】
『フルーツパフェ』/『パンケーキ ミックスベリー』
『8種類以上のフルーツサラダ』
『パンケーキ ミックスベリー』
『あまおうのパフェ』【※季節限定】
『びわとマンゴーのズコット』【※季節限定】
『日替わり洋食 昔ながらのハヤシライス』

Comments 0