三島由紀夫が愛した老舗店の伝統のランチは流石!「末げん」

トリカッポウ シンバシ スエゲン
鳥割烹 新橋 末げん

東京都港区新橋2-15-7 エスプラザビル1F お店の詳細はコチラ→ぐるなび
昼 11:30~13:30
夜 17:00~22:00
定休日  日・祝

◆土日祝ランチ情報◆ 定休日の日曜・祝日以外は通常ランチあり

ボリューム ★★★☆☆(かま定食大盛りは105円増し)
また行きたい度 ★★★★☆ (味は絶品です)

この店の一品
末げん_かま02
かま定食(親子丼)  1050円
大盛りは 105円増し
憧れ続けた新橋『末げん』の有名すぎる『かま定食』。
自家製つくねの親子丼です。

末げん_かま04

単なる鶏のひき肉の親子丼と思ったら大間違いで
鶏は毎日仕込む地鶏と軍鶏、合鴨の3種類を混ぜたつくねを使用。
そして卵は奥久慈の地卵とこだわってます。

末げん_かま03

鶏の臭みゼロな上、鶏肉よりもジューシー!コクもあり、そしてふわふわ!
味付けは一言で言うと『甘め』ですが
これが飽きのこない絶妙な味付けなんですよねー。
ご飯にも十分に染み渡っていて、最後の一粒まで愛おしいくらいの美味しさです!

末げん_かま01

親子丼というよりも、つくねの卵かけごはん、という感じで
丁寧に味わうというよりツルツルっとかきこむのがイイですねー。
喉越しのいい親子丼、まさにそんな感じ!
喉元を駆け抜けた後にはたまらないダシの風味がふわーんと漂います。

親子丼よりも鶏肉の美味しさが堪能できます。
なおかつ鶏嫌いの人でも、これは抵抗なく食べられるんだそうで、
親子丼を超えた親子丼、といえるかも。

末げん_付属

さらに感激するのが、鳥スープ!
2時間半かけてダシをとっているそうです。
これ、生姜がかなり利いていて、サッパリします。

末げん_メニュー

あの三島由紀夫が最後の昼食を食べた場所としても知られる『末げん』。
夜は鶏のコースなどが味わえる高級日本料理店です。

末げん_外観

ランチタイムは他にもランチがありますが、圧倒的人気を誇るのがこの『かま定食』。
というよりは、この『かま定食』目当てに、昼に訪れるという、この店の名物ですね。

平日よりもゆったり味わえる土曜のランチがおススメです。

Comments 0