7月15日オープン!コメダ珈琲の新業態・1号店「KOMEDA is □(コメダイズ) 東銀座店」 米粉100%「コメパンケーキ もっちり抹茶」

KOMEDA is □(コメダイズ) 東銀座店
東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア 1F (HP

抹茶パンケーキ01
コメパンケーキ もっちり抹茶 1,180円
癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”で満足度を表現しています)

2020年7月15日にオープンした、コメダ珈琲の新業態の1号店。
全てのメニューがプラントベース(植物由来)で
店名「KOMEDA is (コメダイズ)」はここで扱うメニューの主原料‟米”と‟大豆”に掛けているようです。
パンケーキは小麦粉ではなく国産米粉100%使用。
外観

店名「KOMEDA is □」の□(しかく)部分にはリラックス・デリシャス・クリエイティブ…など
□に入る新しい魅力を作っていきたいというお店の想いが込められているとか。

タブレット01

注文は基本、タブレット端末で。
サンドイッチやハンバーガー等、お肉や魚を使わず、大豆でできたパテ等を使用したフードメニュー、
夜にはコメダ初のアルコールやおつまみの提供も。
スイーツは3種類の‟コメパンケーキ”ほか、米粉や豆乳使用のケーキなどもあります。

抹茶パンケーキ03

想像よりもかなり小ぶりな抹茶パンケーキに
上白糖不使用の小倉あんと豆乳で作られたホイップクリーム、抹茶パウダーが掛かってます。
そして別添えの抹茶ソース。

抹茶パンケーキ02

小ぶりではありますが、厚みのあるパンケーキです。
米粉使用のパンケーキって薄い生地が多いので、ここまで厚焼きに仕上げたところにこだわりが伺えます。

抹茶パンケーキ04

さらに、もっちり感を追求するため、お米と水からできたライスジュレを使っているそう。

抹茶ソース

別添えの抹茶ソースはなんだか量が少ないな…と思いきや、これ、相当粘度がありまして…。

抹茶パンケーキ08

少し掛けただけでも、濃厚に抹茶が香る!

抹茶パンケーキ05

今まで食べた米粉使用のパンケーキって結構ぷるぷるモチモチで
お米っぽい粘りや弾力が感じられるものが多かったのですが、このコメパンケーキは割とソフトな口当たり。
それ程‟米粉”っぽさを感じさせないような…。
しっとりした大判焼みたいな、どこか懐かしさを感じさせる食感でもありました。

抹茶パンケーキ07

中の生地も鮮やかな抹茶グリーン。
生地からも抹茶の香り、ほろ苦さがしっかり伝わります。

抹茶パンケーキ09

抹茶ソースの追い抹茶で、本格的抹茶スイーツに格上げ。
サイズとお値段が釣り合っていない感じはあるものの、素材と味へのこだわりは十分感じられました。

外観01

コメダ珈琲の銀座初出店。といっても名物の『シロノワール』など、通常メニューはありません。
コメダの高級オシャレライン?ってとこですかね。今後、このプラントベースのお店を増やしていくのかな?
場所は松竹スクエアビル1F。以前は豚肉料理の『東銀座 羅豚』があった場所です。
オープンして間もないので平日でもお昼時は混みあってます。

※『コメダ珈琲』のその他のメニューのレポート記事はコチラ
『シロノワール』
『おさつノワール』『ハムカツバーガー』【※2019年10月/11月期間限定】
『チョコノワール』【12月1日~1月14日の期間限定販売】
『秋のシロノワール キャラメルリンゴ (ミニ)』 『小豆小町 菫』
『小豆小町』
『みそカツサンド』/『ミックストースト』
『スクランブルエッグトースト』
『小倉トースト』
『宇治金時クリーム氷』
『かき氷 すいか&ソフト(ミニ)』
『ミニ小倉ノワール』
『小倉ホイップサンド』/『ジェリコ 飲むとプリン』
『かき氷 ピーチティー&練乳・ソフト氷』/『かき氷 いちご&練乳・ソフト氷』
『カツカリーパン』/『シロノワール いちごチョコ』

Comments 0