「無印良品 銀座」 日替わり弁当「牛すき飯」

無印良品 銀座
東京都中央区銀座3丁目3番5号 無印良品銀座 1F (HP
無印良品弁当02
日替わり弁当 牛すき飯  750円
癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”で満足度を表現しています)

昨年(2019年)4月にオープンした、世界旗艦店「無印良品銀座」。
B1Fには豆腐工房が併設した食堂「MUJI Diner」が、
1Fにはベーカリー、そしてこの「日替わり弁当」など、‟食”に力を入れているのが特徴。
無印良品弁当05

無印良品で初めて提供する日替わり弁当として注目を集めたお弁当。
(※現在はMUJIcom武蔵野美術大学、Café&Meal MUJI 新宿店・日比谷店・錦糸町店でも販売がスタート)

無印良品弁当06

群馬県の「鶏めし」や東京下町の「深川めし」など
各地で親しまれてきた料理がベースの7種類のラインナップが日替わりで登場。

無印良品弁当01

弁当は化学調味料を使わず、素材そのものを生かしたやさしい味付けが特徴とのこと。
この日の日替わり弁当は、神戸発祥「牛すき飯」。

無印良品弁当03

生姜とニンニクで煮込んだ牛肉、しらたき、ねぎ、豆腐。ご飯は茶飯。
冷めても柔らかい牛肉は思ったよりたっぷり入ってます。

無印良品弁当04

椎茸や豆腐などにも優しい味わいがじっくり浸み込んでいて美味しいです。
男性にはボリューム的に物足りないかもしれませんが、女性にはちょうどいいかも。

※『無印良品』関連のその他のレポート記事はコチラ
『昼食 湯豆腐セット』【MUJI Diner 銀座】
『いちごパフェ』【Cafe & Meal MUJI 日比谷店】
『クリームソーダ』【Cafe & Meal MUJI 日比谷店】 

Comments 0