「beillevaire(ベイユヴェール)」松屋銀座店 業界人絶賛のバターサンド「サンド オ ブール」

beillevaire(ベイユヴェール) 松屋銀座店
beillevaire (HP)
松屋銀座 B1F
2ショット01
サンド オ ブール 1個 550円
(左)ピスタチオ&クランベリー
(右)ラムレーズン
賞味期限/約1週間 要冷蔵
癒され指数 ★★★(★3.3)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

パリの5つ星ホテルやミシュランスターシェフ御用達の発酵バターとプレミアムチーズの人気ブランド「ベイユヴェール(beillevaire)」。
2017年8月に麻布十番に路面店をオープンして話題を集め、さらに伊勢丹新宿店、2019年8月に松屋銀座店、11月に開業した渋谷スクランブルスクエアに4店舗目…と出店が続いている話題店です。
この店の高級バターサンド「サンド オ ブール」は社会学者・古市憲寿さんほか、多くの業界人のお気に入りスイーツとして紹介される一品です。
2ショット02
フレーバーは5種類(ピスタチオ&クランベリー・ラムレーズン・プラリネナッツ・ミモレット・ビターチョコ)。
全部試してみたいところではありますが、1個500円+税とバターサンドにしてはなかなかのお値段…なので、人気の2種類を購入。
ラムレーズン01
ラムレーズン
レーズンサンド好きとしては絶対に外せなかったフレーバー「ラムレーズン」。
5種類の中でも人気No.1とのこと。
ラムレーズン02
直径6㎝で厚さは2㎝。
サブレ生地は薄めなので厚み2㎝がほぼバタークリーム!
ずっしりと重さもあります。
ラムレーズン04
まず、サブレのサクサク感が素晴らしい!かじると発酵バターの香りがふわーっと。
そして気になる分厚さのバタークリームは…とっても濃厚!
でもしつこさはなく、「おぉ濃い!」と思った瞬間にシュワッと鮮やかに溶け、後口には発酵バターの深いコクが広がります。
ラムレーズン05
ラムレーズンはほんの少しだけ。濃厚なバタークリームの口溶けの後に、アクセント的に甘酸っぱく弾ける感じ。ラムもほんのり。
レーズンサンド好きには物足りないけれど、バタークリームが主役ですから…。

家入レオさんが、頑張ったご褒美にこのラムレーズンをお酒と一緒に食べるとテレビで紹介していたけれど
このバターサンドは甘さがかなり控えめタイプなので、そういう食べ方もアリだなあと。
ピスタチオ01
ピスタチオ&クランベリー
人気No.2はこの「ピスタチオ&クランベリー」か、今回は購入しなかった「ミモレット」だそう。
ちなみに「ミモレット」はお酒に合うタイプだそう。
ピスタチオ02
淡いグリーンのバタークリームに赤いクランベリーが印象的。
ピスタチオの香ばしさにクランベリーの甘酸っぱさが華やか。
ラムレーズンより多少甘さを感じます。
ピスタチオ03
バターリッチで鮮やかな口溶け…セレブたちを虜にしているのが分かるお味でした。
お値段も高いけれどカロリーも高そうですね…。

パッケージがポップだし5個揃うとオシャレ度アップ!
パーティーなど皆が集まる場所に持っていく一目置かれる手土産向き。

Comments 0