「NADABAN by HAL YAMASHITA(ナダバン バイ ハル ヤマシタ)」東京ミッドタウン日比谷 ゴマ油投入で味が一変!「絹の鶏卵 本葛あんかけおうどん」

NADABAN by HAL YAMASHITA(ナダバン バイ ハル ヤマシタ)
東京ミッドタウン日比谷 2F (HP)
ランチ 11:00~15:30(L.O.15:00)月~金
     11:00~16:30(L.O.16:00)土・日・祝
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:30)
◆土日祝ランチ情報◆ ランチは平日のみ ただし今回のメニューは価格を変えてディナーにも提供
癒され指数 ★★★☆☆ 
(ボリューム★★★/また行きたい★★★)
あんかけ01
絹の鶏卵 京都ごま油添え 本葛あんかけおうどん 980円

東京ミッドタウン日比谷2Fの関西風のうどんと炉端焼きが看板のダイニング「NADABAN by HAL YAMASHITA」。
体の芯から温まりそうなおうどんを発見。
メニュー02

以前の平日ランチは「名物にんすま肉吸い」が中心のラインナップでしたが
寒い季節になったからでしょうか、おうどんメインのランチが増えた印象。

あんかけ03

「本葛あんかけおうどん」は一面、卵の黄色!
見るだけであったかい気分に。

あんかけ05

関西系のあっさりお出汁を閉じ込めた本葛のあんかけ。
とろみが弱めでスルスルッと飲めちゃいます。

あんかけ04

優しいお出汁とトロトロの卵、餡のとろみに、ホッ。癒されますね~。
麺はツルッモチッとしていて程よいコシが。

ゴマ油

ゴマ油を加えるとかなり味が変化するそうで、最初はそのままで食べ、味を変えたいところで投入するのがおススメだそう。

あんかけ07

確かに、ゴマ油で味が和風から一気に中華風に!
酸味のない酸辣湯のような味わいに…。これはこれで面白い。
ただ、ゴマ油を投入すると元の味には戻れないので…和風の「本葛あんかけおうどん」の味が気に入っている方は入れないという選択もアリかと。

メニュー01

※『NADABAN by HAL YAMASHITA(ナダバン バイ ハル ヤマシタ)』のその他のメニューのレポート記事はこちら
『にんすま肉吸い 豆腐&名物玉子かけご飯セット』

Comments 0