「富士㐂(フジキ)」人形町 「ロースとんかつ御膳」&「カキフライ定食」

富士㐂(フジキ) 人形町店
東京都中央区日本橋人形町1-5-14 (HP)
ランチ   11:30~15:30(L.O.15:00)
ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30)月~金  17:00~21:30(L.O.21:00)土日祝
◆土日祝ランチ情報◆ 土日祝もランチあり
癒され指数 ★★★☆☆(★3.3)
(ボリューム★★★/また行きたい★★★3.5)
ロースかつ01
ロースとんかつ御膳 1,280円
ご飯・味噌汁・漬物付

「紅虎餃子房」や「胡同文華」「豆寅」「ネロオッキ」など、銀座でも多店舗を展開している
際(きわ)コーポレーションのとんかつ専門店。「富士㐂」は都内に6店舗。
この店の看板メニューといえば雑誌やテレビ等で紹介されている「骨付きとんかつ」ですが、
いきなりそれを食べるのもためらわれたので…この店のデビューは普通のとんかつから。
ロースかつメニュー01

いろんな銘柄豚を扱っているお店ですが、今回は「佐々木麦王」という北海道 知床・斜里町の高級ブランド豚。
「麦」にこだわった飼料で育てられたこだわりの豚なんだとか。

ロースかつ03

美しいキツネ色に揚がったフォトジェニックなロースかつ!

ロースかつ02

衣は他のとんかつ店に比べるとややパン粉が細かいでしょうか。
脇にはシャキッとしたキャベツがふんわり盛り付けられています。

ロースかつ04

メニューの画像は‟厚切り”とか‟極厚”のものだったのかな?断面がローズ色でしたが
ワタシがオーダーした「ロースカツ」は程よく火が入って淡いピンクの仕上がり。

ロースかつ05

衣はサクサクというより、カリッとクリスピーな印象。薄付きで香ばしい!
そして豚肉は柔らかく、肉汁がジュワッ。塩でいただくと脂の甘みが引き立ちます。

周囲を見るとほとんどの人が‟厚切り”や‟極厚”を召し上がっていたので、
そちらだと個性が出るのかもしれませんがこれはこれでお値段なりの美味しさ。
豚肉・衣・揚げ油にきっちりこだわってできた料理だな、と納得できるものでした。

ご飯&味噌汁01

ご飯も炊き立てツヤツヤのコシヒカリ。シジミの味噌汁。

カキフライメニュー

もう一品は今の時期に食べておきたい季節限定の「カキフライ」。

カキフライ01
カキフライ定食 1,290円
ご飯・味噌汁・漬物付
【※季節限定】

カキフライ02

小ぶりのカキフライが5個。
同じ人形町でカキフライといえば「三友」の「巨大爆弾カキフライ」が有名ですが
個人的にはこのくらいの小ぶりサイズが好み。

カキフライ03

衣をサクッと噛めばプリッと弾けて中からカキのエキスがジュワワッ!
小ぶりでも舌と心を口撃する小爆弾。
トンカツももちろん魅力的ですがカキフライも侮れない!

外観

休日のお昼時は常に満席の人気店。
この店の美味しさは分かったので次回は是非「骨付きとんかつ」を。

Comments 0