絹の口どけ!?「アンリシャルパンティエ」の「シルキーロール」

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

絹の口どけ!?「アンリシャルパンティエ」の「シルキーロール」


アンリシャルパンティエ 銀座松屋店/銀座本店

『アンリシャルパンティエ』(HP
銀座本店
東京都中央区銀座2-8-20 ヨネイビル 1F・B1F 営業時間/10:00~21:00
松屋銀座店 B1F 営業時間/10:00~20:00

アンリシャルパンティエ_シルキーロール02
『シルキーロール』 プレーン 1本 998円

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

堂島ロール』の影響なのか
どこのお店もあふれんばかりに生クリームを包み込んだロールケーキを出しているようですねー。

シーズンごとにファッショナブルなケーキを展開している『アンリシャルパンティエ』も然り。
春の新作として発表したロールケーキは『アンリ』にしてはやや地味メですが、断面に水玉模様を加えるあたりがやっぱりニクイって感じですねー。

アンリシャルパンティエ_シルキーロール06

アンリシャルパンティエ_シルキーロール01

しかし、この水玉…
カワイイというよりも、魚肉ソーセージにしか見えないのは
私だけでしょうか…。
ちなみにこれ、イチゴ味のギモーブ(マシュマロ)です。

ただ、マシュマロといっても、あんな弾力があるわけではなく
ムースのように滑らかな口当たりです。

アンリシャルパンティエ_シルキーロール05

全てがふわっととろける、絹のような口どけ…から名付けられた『シルキーロール』。
確かに生地はふわふわ。
軽い中にも、ややモチッとした弾力もあり、心地良い食感です。
卵の風味も優しく漂います。

アンリシャルパンティエ_シルキーロール03

生クリームは甘さ控えめ。ミルキーなコクが広がります。
この生クリーム、たっぷりと入っているのにしつこくない、フレッシュ感あふれる点など
確かに堂島ロールに近い気もするんですが…

アンリシャルパンティエ_シルキーロール07

特徴として、あえて入れたであろうイチゴのギモーブの酸味が、
味のアクセントになるハズなんですが…
この柔らかい味わいにはちょっと不似合いだったかも…という気が。

見た目はキュートなのでオンナゴコロ、くすぐりますけどねー。

アンリシャルパンティエ_シルキーロール04

このクオリティでこの価格。コストパフォーマンス的にはイケてる!と思います。

※『アンリシャルパンティエ』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『ノエル・ブラン』(2010年クリスマス限定商品)
『クリスマスツリー』『クリスマスプレゼント』 (2008年クリスマス限定商品)
『ジョリ・ブランシュ』(2010年バレンタイン限定商品)
『4つのクレーム・ブリュレ』
『クレーム・アナナス』
『香りびわのミルクレープ』
『香り立つ緑茶のチョコレートムース』
『パティシェのサンドウィッチ』
『ベレ・バスク』
『プティ・タ・プティ』
『シルキーロール プレーン』
『塩バターキャラメルのチョコレートケーキ』
『チョコレートとミントのムース』
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バナー
最新記事6件
Twitter
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード