Welcome to my blog

中蘭(じゅらん)有楽町本店 4月25日オープン!「一蘭」創業者の意志を継ぐとんこつラーメン 

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

中蘭(じゅらん) 有楽町本店
東京都千代田区丸の内3-7-14 (HP
営業時間/11:00~23:00
癒され指数 ★★★☆☆
(ボリューム★★★/また行きたい★★★)

中蘭_ラーメン01
ラーメン 850円

とんこつラーメンに初めて唐辛子を入れた「一蘭」。
その「一蘭」創業者・故中原氏の創業当時の味を継承したラーメン店「中蘭」が
2019年4月25日、有楽町の国際フォーラム近くにオープン!
中蘭_店内

味集中型カウンターではなく、ロングカウンターにベンチシートと解放的。
ラーメン店にしてはオシャレというか現代的というか。なかなか変わった造りです。

中蘭_券売機

入口のタッチパネル式の券売機で購入。
とんこつラーメン850円が基本で、トッピングで値段が変わります。

注文用紙

着席すると目の前に注文用紙。
秘伝の辛たれの量・麺の硬さ・油の量・にんにく・万能ねぎなどを書き込むのは「一蘭」とほぼ同じです。
どうしても「一蘭」と比較してしまいますが、経営は「一蘭」とは全く関係ないそう。

中蘭_ラーメン02

ラーメンの見た目も「一蘭」と同じ…ですが「一蘭」創業当時の味とスタイルを継承しているそうなので
こちらが本家ってことになるのかも。
具はチャーシュー2枚と万能ネギ。
秘伝の辛いタレが中央に。辛さは中辛にしました。

中蘭_ラーメン03

豚骨スープは豚骨特有の匂いやクセもなくサラッとしています。
豚骨の濃度が薄めなので一口目のパンチはキモチ弱めですが、旨みは十分に感じられます。
辛さは選んだ「中辛」だとピリ辛程度。「大辛」でも余裕だったかも…。

中蘭_ラーメン05

麺はストレート細麺。硬めを選びました。
ツルッと啜れる喉越しの良い麺で美味しい!

中蘭_替え玉
替麺 150円

男性なら替え玉マストかと。女性でも半替麺(100円)あってちょうどいいくらいのボリュームです。

中蘭_チャーシューメン02
チャーシュー麺 1,150円

チャーシュー麺になるとチャーシューが8枚に!

中蘭_ラーメン04

脂身と赤身のバランスの良いチャーシューで、しっとり。

中蘭_チャーシューメン03

美味しいけれど8枚は個人的には多すぎるかも…。
6枚ぐらいにして値段を抑えてもらえると嬉しいなあ。

中蘭_チャーシューメン01

味の印象としては「一蘭」と一緒。
こちらがオリジナルなので当然といえば当然、かもしれません。
ややこちらのほうがマイルドで食べやすく、味もお店の雰囲気も女性ウケしそうかな、と。

中蘭_外観

国際フォーラムから徒歩約2分。
「ねぎポ」の並び。
このガード下のテナントも随分店舗が入れ替わりましたね。気付けば「餃子の王将」(大行列!)も…。

Comments 0

There are no comments yet.