Welcome to my blog

「みぼうじんカレー」新橋駅前 野菜炒めたっぷり!クセになる欧風カレー「野菜炒めカレー」

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

みぼうじんカレー@新橋
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 3F(HP
営業時間/11:00~16:00(L.O.15:30)
定休日/土日祝
癒され指数 ★★★☆☆(3.5)
(ボリューム★★★/また行きたい★★★3.5)

野菜カレー01
野菜炒めカレー 850円
ピクルス付

新橋駅の目の前、ビジネスマンたちに便利なスポットが集結する通称「おやじビル」と呼ばれる「ニュー新橋ビル」。
この3Fに美味しいと評判のカレー屋さんが。それが「みぼうじんカレー」。
オヤジたちを支える場所に‟みぼうじん”、しかもスタッフは全員女性…妄想が膨らみます…。

メニュー

入ると女性が3人。そのうちの1人はものすごい迫力でフライパンを操り、野菜を振りまくってます。
そして活気に溢れた明るい接客。
‟未亡人”から想像された妄想は一瞬にして消え去りました。

こちらのカレーの基本メニューは欧風のカレーとターメリックライス、そして野菜炒めの組み合わせ。
これに、ビーフやチキンをトッピングすることができます。

野菜カレー04

基本の「野菜炒めカレー」。
半分以上を占めるのがルーで、デミグラスソースを思わせるブラウンカレー。
フォンドボーベースの欧風カレーは、とろりとして舌触りが滑らか。
最初はフルーティーな甘さが、食べ進めると徐々に辛さが増していくタイプ。

野菜カレー03

野菜炒めの具材はキャベツ、タマネギ、モヤシ、エノキ。
淡路島のタマネギ、長野県のエノキ、など野菜は純国産にこだわり産地直送。
炒める際にカレー粉で下味を付けているそうで、ルーとのマッチングも良し!
煮込んでないので、シャキシャキ感が味わえるのもイイですね。

野菜カレー02

カレーにエノキってちょっと意外な組み合わせでしたがものすごく相性が良くて驚き!
エノキが入ることで一気に‟和風”っぽいカレーになるんですが、これが不思議とイイ。
エノキ独特の食感もアクセントに。

さらにカレー粉を加えて炊いたターメリックライスと、野菜炒め、ルーの相性も格別!
混ぜるほどに美味しさが増します!

野菜カレー05

じわじわ辛さが募るスパイシーカレー。気付けば汗がじんわり滲むほど。
オプションで辛口(+50円)、大辛(+100円)もできますが、ノーマルで十分!
私にとってかなりツボな欧風カレーでした。

ピクルス

ピクルスは淡路島産のタマネギを漬けた自家製。
酸味の中に玉ねぎの甘みが感じられ、またニンニクと一緒に漬けているそうで味に奥行もありイケます!

ピクルス大盛り

ちなみに、+100円でピクルスは大盛りも可能。大盛りにするとこの量です。
このピクルス、カレールーに入れても美味しい。

チキンカレー01
チキン野菜炒めカレー 850円
ピクルス付

チキン入りは炒めたチキンがゴロゴロと!
野菜同様、ルーと煮込まず別に炒めたものなので、焼き目の香ばしさが魅力。

チキンカレー025

基本の野菜炒めのみ、でも十分美味しいけれど
やはり肉が入ると味わいも満足度も、アップですね。

外観

ちなみに野菜を炒めて別添えにしているのは、野菜をたっぷり摂取して欲しいからだそう。
店名‟みぼうじん”の由来はレシピを考案したオーナーのお母さんが未亡人だったことに加え、
「未病」「美貌」をかけあわせているそうで、野菜たっぷりスパイスたっぷりで‟ヘルシー”さを追求したいという思いも込められているとか。

看板

新橋のオヤジたちの健康を支え、胃袋を満たす、夢中にするカレーは実際の未亡人以上に魅惑的。
もちろん、女性のワタシもすっかり‟みぼうじん”の虜になりました。
平日の5時間のみの営業ですが、ニュー新橋ビルは建て替えの話もありますし…できるだけタイミングを合わせて通いたいです。

Comments 0

There are no comments yet.