4月25日EXIT MELSA地下にオープン!山梨県のフルーツ農家が営む小さなフルーツパーラー「富士山フルーツ銀座」

【※閉店しました】
富士山フルーツ銀座
Fujisun Fruits Ginza(HP
EXIT MELSA B1F
営業時間/10:00~20:00

フルーツサンド01
Fujisanフルーツサンド 1,000円
癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

2019年4月25日にイグジットメルサ地下にオープンした「富士山フルーツ銀座」。
山梨県の果物農家が経営する小さなフルーツパーラーです。
外観

以前「焼きマシュマロタルト・スモア銀座店」があったスペース。
7席ほどのカウンターのみのお店です。

メニュー

ラインナップはフルーツサンド、フルーツパフェ、フルーツ串、生ジュース、スムージーなど
山梨から届くフルーツを使用したものがメイン。

フルーツサンド03

「Fujisunフルーツサンド」。
第一印象は「ちょっと見た目が地味すぎるかな…」。
フルーツを生かすためにあえてシンプルな盛り付けにしている気もしますし
それは決して悪いことではないのですが、ビジュアルで少しだけ損をしているような。

フルーツサンド02

フルーツサンドの果物は収穫時期によって内容が変わるそうで
この日は苺、キウィ、黄桃、リンゴ。

フルーツサンド05

片手でつまめる、二口程で食べ切れるコンパクトなサイズ。
小さいけれど口に入れると甘さ控えめのクリームが口いっぱいに溢れ出し
フルーツのジューシーな甘酸っぱさと渾然一体。

フルーツサンド04

見た目が地味なので、食べる前は期待値やや低め…
いざ食べてみると「お、イケる!」と印象が大幅アップ!
これが手なのかもしれません(笑)が、
やっぱり見た目でちょっと損をしているのは勿体ないなあ…。

フルーツサンド06

見た目と、もう1つ「惜しい!」と思われたのが食パン。
もう少しふんわりと食感のいいものだといいのに…。もう少し薄切りの食パンでもよかったかも…。
クリームとフルーツのバランスが良かっただけに食パンにもこだわって頂けるとウレシイなあ、と。

今は山梨のフルーツらしさは感じられないけれど
桃やぶどうなど‟山梨のフルーツの本領発揮!”のシーズンになれば
フルーツサンドやパフェはさらに期待できそうな気がします。

半額

オープン記念でソフトクリームは6月末まで半額!
せっかくなのでこちらもオーダー。

ソフトクリーム01
ソフトクリーム 600円→300円
【※2019年6月末まで半額で提供】

コーンかカップが選べます。

ソフトクリーム02

ミルク感たっぷりでとっても濃厚!滑らかな舌触りでとても美味しい!
ただ、これが通常600円だと…うーーん、ちょっと考えてしまうかも。
半額のうちに是非。

赤ワイン
本日の山梨ワイン グラス 700円

通路なのでゆっくり飲む、という雰囲気ではないけれど
国産だと山梨産のワインが結構好きなので…頂きました。美味しかった。
ワインは赤か白が選べます。

看板

スタッフも山梨からいらっしゃってるそうで、まだ銀座になじんでいない感じが伝わってきます。
スタバが幅を利かせている中、ちょっと居心地が悪そうですが
アンテナショップのようなほっこりした雰囲気で、ちょっと応援したくなります。

イグジットメルサのこの場所はお店が長続きしないイメージがあるので、どうか頑張って欲しいです。

Comments 0