Welcome to my blog

「シビタス」@蒲田 「万惣フルーツパーラー」のレシピと味を受け継ぐ伝説の「ホットケーキ」

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

CIVITAS (シビタス)@蒲田
東急プラザ蒲田 4F
営業時間/10:00~21:00

ホットケーキ04
スタンダードホットケーキ 530円
癒され指数 ★★★(★3.5 )
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

「行きたい行きたい」と思っていながら特にキッカケがなく行けないままのお店、食べ損ねているメニュー…。
新しい時代を迎える前にそんな「平成の心残り」を解消しておかねば!と思い立ち、
真っ先に頭に浮かんだのが蒲田「シビタス」の「ホットケーキ」。
ホットケーキメニュー

「シビタス」は2012年に惜しまれつつ閉店した神田の「万惣フルーツパーラー」の支店で
1968年(昭和43年)に蒲田にオープン。
池波正太郎ほか、多くの文豪に愛された万惣名物「ホットケーキ」のレシピと味を50年、守り抜いています。
日本橋の「花時計」(1985年~)や、赤坂の「Fru-Full(フルフル)」(2013年~)など
「万惣フルーツパーラー」で修行した方がホットケーキを提供しているお店の中では、古株です。

ホットケーキ02

「万惣フルーツパーラー」の閉店直前に間に合って食べた以来、久々のご対面!
美しいきつね色の焼き色、きめ細やかな生地、小ぶりながらスタイル抜群!の正統派のフォルム。
「懐かしい」というより、むしろ「まぶしい!」

ホットケーキ03

国産小麦粉、上質のバター、新鮮な卵を使用。
オーダーが入ってから力強く叩くようにして仕込み、銅板でじっくり焼きあげるため提供までに15分~20分程。

ホットケーキ01

自家製のシロップは黒っぽくてやや粘度のあるタイプで、これは「万惣」と同じだ!と興奮。
そうそう、この黒いシロップをひたひたになるくらいたっぷり掛けて…

ホットケーキ06

バターをしっかり丹念に生地に塗る!これが「万惣」おススメの食べ方だったっけ…。

ちなみに「万惣」ではバターが別添えでしたが、「シビタス」はハナから乗っかってます。
厚みのあるバターだし、初めての人は「バターの量、多っ!」と思うでしょうが、ご安心を。
このホットケーキはたっぷりのバターも、ひたひたのシロップもどーんと受け止めてくれるんです。

ホットケーキ07

断面は気泡ゼロ!
スポンジケーキやフィナンシェのようにきめ細やかな生地。
とにかく焼き加減が絶妙で、芯まできっちり火が入っているのにほわんと柔らか!

ホットケーキ08

表面はサックリと香ばしくて、ほのかに甘くて。
‟甘香ばしい”という言葉があれば、まさにそんな感じです。
黒糖のような風味も感じられるコクのあるシロップと、バターの塩味が
生地に浸み込めば浸み込むほどに美味しさが増します!

ホットケーキ05

東急プラザ4Fの奥まったところにひっそりある喫茶店ですが
週末はこのホットケーキ目当てに行列が出来ることも多く、夕方には売り切れになることもしばしばだとか。

看板

「万惣」でホットケーキを食べて以降、いろんなホットケーキやパンケーキを味わってきましたが
それでもここはやっぱり美味しい!と改めて思えたってことは…
これって実はすごいホットケーキなのではないかと。
昭和生まれのホットケーキの実力を平成の終わりに実感しました。
これは令和の時代にも受け継がれなくてはいけない味です。

外観

「万惣フルーツパーラー」を受け継ぐお店なので、フルーツも上質!
フルーツをたっぷり使ったホットケーキや、フルーツパフェ、フルーツジュースなどもグレードが高いと評判。
令和になったらまた、行こう!

Comments 2

There are no comments yet.
ゆう  

懐かしくも神々しい光景です。
私の母は東京に出てきて初めて万惣でホットケーキを食べた時「こんなに美味しいものが世の中にあるのか」と感動したそうです。
それ以来お給料が出ると食べに行き、子供が出来ると連れて行き‥‥閉店した時はがっかりしていました。

長々と思い出話をしてしまい申し訳ありません。
蒲田は母には遠すぎて連れて行けないのが残念です。
テイクアウト無理でしょうか‥‥。

ホットケーキといえば先日ご紹介のあった丸福珈琲店(秋葉原)で食べた時、珈琲館のものに似ていると思いました。
昔銀座松坂屋にありましたね。
今週末からいよいよ大型連休です。
直前までお仕事が立て込むかと思いますが、どうぞお体お大事になさってください。

チーム*プロデュース
プロデュース*M  
◆ゆうサマ

素敵な思い出話をありがとうございます!
今食べてもとっても美味しいホットケーキですから
これが誕生した当初はゆうさんのお母さんのようにみんな驚いたんでしょうね…。
あぁ「万惣」系の「シビタス」のホットケーキ、ゆうさんのお母さんに食べさせてあげたいです!
テイクアウトは恐らくやっていないんじゃないでしょうか…。
日本橋の「花時計」、赤坂の「フルフル」も「万惣」系のホットケーキなので、お母さんの足を運べるエリアだといいのですが。

「丸福珈琲店」のホットケーキは「珈琲館」似タイプなんですね。なるほど!食べる前に予習が出来て良かった!
そうそう「珈琲館」、短い期間でしたけど松坂屋銀座にありましたね。
今更ながら松坂屋銀座、恋しい。
松屋銀座や銀座三越に比べると地味な存在でしたが、そんな松坂屋銀座が結構好きだったんですよね…。
デパ地下のラインナップもマニアックで好きでした。