ピエールマルコリーニ銀座本店で話題沸騰中のパフェ!期間限定「マルコリーニ ジンジャーパフェ」

ピエール マルコリーニ銀座本店
ピエール マルコリーニ(HP
東京都中央区銀座5-5-8
営業時間/11:00~20:00 ※(日・祝)11:00~19:00

ジンジャーパフェ01
マルコリーニ ジンジャーパフェ 1,620円
【※2019年2月28日まで 銀座店・名古屋店限定】

癒され指数 ★★★(★3.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

「ピエールマルコリーニ」のこの冬限定のスペシャルパフェはなんとジンジャー!
生姜好きとしてはチョコレートと生姜の相性に興味津々!
しかし行こう行こうと思っているうちにメディアで取り上げられ、これ目当てに行列が出来る日も…。
土日は何度かフラれてしまったので、平日のお昼にお邪魔してようやく食べることができました。
ジンジャーパフェmenu

2018年~2019年冬のテーマは「CHOCOLATE and GINGER」。
パフェ以外にも生姜使用のスイーツがいろいろ用意されています。

ジンジャーパフェ02

涙型のチョコレートのプレートにジンジャーピールをトッピングした生クリーム、ジンジャーアイス、定番のチョコレートアイス。
カカオニブとジンジャーアップルソースがアクセント。

ジンジャーパフェ03

触った瞬間溶けてしまうようなチョコレートプレートはビターチョコレート。
「ピエールマルコリーニ」だから美味しいのは当たり前、と思ってもやはり美味しい!
北海道産牛乳で作った生クリームはふわふわの口当たり!甘さがほとんどなくミルキー。

ジンジャーパフェ04

そして待望のジンジャーアイス。
メニューには「優しくふんわりとジンジャーが香る…」とありましたが、想像以上に生姜の辛みが利いていて面白い!

ジンジャーパフェ06

ジンジャーアイスはメープルも利かせてあって、
メープルの優しい甘さの奥からピリピリッと生姜の刺激が心地よく走るという印象。
生姜糖みたいなクセのある和風味だったらちょっと苦手かも…なんて思っていたけど
サスガです、とてもオシャレな味に仕上がっていて感動。
さらに爽やかなアップルジンジャーソース、ゴツゴツ食感のカカオニブが顔を出し、盛り上げてくれます。

ジンジャーパフェ05

その下にはエクアドル産カカオとカメルーン産カカオで作った定番のチョコレートアイス。濃厚です。
途中からは混ぜて、ジンジャーとチョコのハーモニーを楽しむパフェとなっていますが、
個性の強いジンジャーをうまく手なずけてチョコレートと合わせたな~と。目から鱗でした。

マルコリーニ外観

カフェは2Fと3Fですが、2月8日~2月14日のバレンタインの期間中は2Fのみの営業となるので
それを避けて訪問するのがいいかも。

※『ピエール マルコリーニ』のその他のメニューのレポート記事はコチラ
『マルコリーニ スイカパフェ』【2018年夏限定】
『マルコリーニ マロンパフェ』【秋限定】
『シンプルワッフル ホットチョコフォンデュ』
『10thアニバーサリー パフェ』

Comments 0