Welcome to my blog

深川飯と玉子焼きの「太郎」@大丸東京店 「太郎の玉子サンド」

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

太郎 大丸東京店
太郎(HP
大丸東京店 B1F
営業時間/10:00~21:00(月~金) 10:00~20:00(土日祝)
太郎の玉子サンド01
太郎の玉子サンド 783円
癒され指数 ★★★(★3.3)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”で満足度を表現しています)

昨年(2018年)11月に大丸東京B1Fのお弁当フロアに登場した「太郎」。
魯山人の味を受け継ぐ、門前仲町にある深川飯と厚焼き玉子が自慢のお店です。
深川飯のお弁当が並ぶショーケースで見つけたのがこの「たまごサンド」!
太郎の玉子サンド09

看板の深川飯の奥に、控えめにちょこんと置かれていますが
地味な茶色のお弁当群に、この茶×黄色のコントラスト、目を引きます!

太郎の玉子サンド02

パッケージもアメリカン!3coinsとかで見掛けるようなデザインも、女性たちの心をつかみそうです。
昨今のサンドイッチブームに乗って、若い層をターゲットにした印象。

太郎の玉子サンド03

玉子焼を挟んだサンドイッチというと、玉子焼の老舗「つきぢ松露」の大ヒット商品『松露サンド』が思い浮かびます。
あちらは白い食パンに玉子焼をサンドしたシンプルなものでしたが、発売当初はかなりインパクトがありました。
こちらは後発ということもあって、インスタ映えもしっかり意識してそうなビジュアル。

太郎の玉子サンド04

茶色のライ麦パンに自慢の厚焼き玉子をサンド。
マヨネーズにブラックペッパーをたっぷり散りばめているのが特徴。
確かに、こんな粗挽きタイプのブラックペッパーを使っているのは珍しいかも。

太郎の玉子サンド05

ライ麦パンはふさふさとした食感で、これが厚焼き玉子のブルッとした弾力を際立たせています。

太郎の玉子サンド06

厚焼き玉子は創業より受け継がれた製法を維持しているそうで焼き方も焦げ目も均一なのがこだわり。
巻きもしっかりしていて食べ応え満点。

太郎の玉子サンド07

しっかり甘めの玉子焼きにガリッと広がるブラックペッパーのスパイシーさ!
見た目だけでなく味にもコントラスト、メリハリがあっていいですね~。

太郎の玉子サンド08

数量限定で、午前中に売り切れてしまうこともしばしば…の人気商品。
見つけたら即買い!ですよ。

Comments 0

There are no comments yet.