渋谷「FabCafe」の14作目のパフェ「Métaphore」

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

渋谷「FabCafe」の14作目のパフェ「Métaphore」


FabCafe @渋谷
FabCafe(HP)
東京都渋谷区 道玄坂 1-22-7道玄坂ピア1F
月~土 10:00〜22:00
日・祝 10:00〜20:00
定休日 なし
FAB_12_02.png
Métaphore(メタファー) 1,400円
【※2018年11月17日18日23日25日30日(18~22:00)・12月1日2日5日(18~22:00)8日間の限定販売/売り切れ次第終了】
癒され指数 ★★★(★3.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

季節ごとに期間限定でパティシェsrecettさんのパフェが登場する『FabCafe』へ。
第14作目のパフェ「Métaphore(メタファー)」は‟まったりとした洋梨のソルベとキャラメルプリンから始まる香ばしさを纏ったパフェ”。
FAB_12_メニュー

基本的に土日祝の6日間の提供なんですが今回は珍しく平日もあります。
土日祝はこれまでのように10:00~の提供ですが、平日は18時~22時の夜のみ。



11作目の「basique」と13作目の「Rêverie」を彷彿とさせるフォルム。
ただ見た目は似ていても印象は全然異なって、秋冬にふさわしい重めの仕上がり。
今回、平日の夜パフェとして提供されているのも分かる、1日の締めくくりにふさわしいパフェです。

FAB_12_03.png

食べる順序を指定されるので多少緊張しつつ…
でも洋梨のソルベを一口食べた瞬間、美味しい幸せで緊張もほどけました。
ラ・フランス型のキュートなメレンゲにも癒されます。

FAB_12_04.png

こちらのパフェ職人さんの食べ手自身の感覚で味わって欲しいとの思いから
中身はあまり明かさない方がいいようですが、公開されている部分を少しだけ。
洋梨のソルベは本日はラ・フランス。
ソルベなのにとっても濃厚で、舌にねっとりと完熟のラ・フランスがまとわりつくような印象。
その下にはキャラメルプリン。ほんの少しコシを伴った口当たり。キャラメルの程良いビターな余韻を残してくれます。
へ‐ゼルナッツのキャラメリゼやクランブルの香ばしい響きもたまらない。

FAB_12_看板

外から見えない容器の中身は食べた方のお楽しみ。
ただ、中の素材のひとつ、無花果のソルベは12月2日分からは柿のソルベに変わるそうです。
無花果のソルベもイチジクの美味しさがジュワッと広がる官能的な味わいが素晴らしかっただけに、柿も気になるなあ。

FAB_12_外観

秋から冬へ寒さが増すたびちょっと寂しくなったり切なくなったり。
そんな心の穴をペタッと埋めてくれるような、温かみを感じるパフェでした。

※『FabCafe』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『Mintopia』【※2017年初夏限定】
『かき氷 薫る極上ほうじ茶』
『TATIN』【※2017年冬限定】
『basique(バジック)』【※2018年冬限定】
『Vert (ヴェール)』【※2018年初夏限定】
『Rêverie(レヴリ)』【※2018年夏限定】
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

よろしくお願いします<(_ _)>
バナー
最新記事6件
Twitter
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード