Welcome to my blog

「SPICY CURRY 魯珈 (ろか)」@大久保 行列のカレー店!「魯肉飯」(ルーローハン)×「インドカレー」の「ろかプレート」

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

SPICY CURRY 魯珈 (スパイシーカレー ろか)@大久保
東京都新宿区百人町1-24-7 シュミネビル1F (twitter)
営業時間
月・水・金 11:00~16:00
火・木    11:00~15:00 17:00~20:00
※カレーがなくなり次第終了
定休日 土・日・祝
癒され指数 ★★★☆☆(★3.5)
(ボリューム★★★/また行きたい★★★3.5)
ろかプレート01
ろかプレート 950円

東京駅八重洲地下にある人気の南インド料理店「エリックサウス」で修行を重ねた女性が独立。
2016年12月に大久保にオープンして今や行列のできる人気店に。
営業が平日のみ、そのうち月・水・金は夕方までのオープン、そして少なくとも1時間は並ばないといけない…と
いくつものハードルが乗り越えられずなかなか行けなかったお店にようやく訪問!
ろかメニュー01

台湾の屋台めし「魯肉飯」(ルーローハン)とインドカレーのお店。
店主は「エリックサウス」以前には、かつて渋谷や六本木で人気を集めた魯肉飯チェーン「鬍鬚張(ひげちょう) 魯肉飯」で働いていたこともあるそう。

ろかプレート07

その「魯肉飯」とインドカレーが一緒に味わえるというユニークな「ろかプレート」。
「魯肉飯」と好きなカレーの合がけワンプレート。
カレーはレギュラーの「魯珈チキンカレー」「ラムカレー」「クリーミィ野菜コルマカレー」の3種類に毎回内容が変わる限定カレーから選べます。

ろかプレート02

選んだのは小麦粉を使わずタマネギとトマトの水分で仕上げた「魯珈チキンカレー」 。
カレーは「エリックサウス」でマスターしたスパイス使いがベースだそうで
ストレートに多彩なスパイスが香る香る!
玉ねぎとトマトで爽やかさを感じさせながらも濃縮感のある旨味が広がります。

ろかプレート04

「魯肉飯」は中央のターメリックライスの上にちょこんと豚バラ煮込みが乗っているだけなんですが
八角の香りがガツンと利いていてわずかだけれどものすごい存在感!
「カレー」も「魯肉飯」も主張強めなのに、交わりあっても喧嘩するどころか
掛け合わさって新たなる味わいに進化!

ろかプレート06

添えられた「玉ねぎのアチャール」と「高菜のマスタードオイル炒め」が美味しさに拍車を掛ける!

ろかプレート03

女性が作るビジュアル良しの繊細なカレーと思わせておいて、実は男性的なパンチのあるカレー。
なるほど男性客が多いワケです。

ろかメニュー

カレー作りはもちろん、盛り付けも提供もレジも女性店主がたった一人で切り盛り。

ろか外観

この日は13時過ぎの訪問で、40分~50分程並びました。
お店を出たら閉店時間前にもかかわらず終了。
特に空いている時間帯というのもなく常に並んでいる状態のようなので
早めの訪問がおススメです。

Comments 2

There are no comments yet.
ぶひ  
うわわ

これ間違いなくウマい奴や 
でも辛いんですよね? 
汗を気にせず家でバクバクと食べたいでござる 

来週 豊洲市場を見学に行く予定なので 
またいろいろな店に行ってみたいでし

チーム*プロデュース
プロデュース*M  
◆ぶひサマ

そうそう、間違いなくウマいパターンでございます。そしてハイ、そこそこ辛いです(笑) 
テイクアウトも出来ますよ。 

豊洲市場に行かれるんですね~!羨ましい。 
私はもう少し先になりそうです…。
是非是非いっぱい美味しいモノ食べてきてくださいね!