Welcome to my blog

高級中華の老舗・神保町「揚子江菜館」 長寿が期待できるかも⁉「乾隆肉麺(けんりゅうろめん)」

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

揚子江菜館( ヨウスコウサイカン)@神保町
東京都千代田区神田神保町1-11-3 (HP
営業時間/11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日/なし
◆土日祝ランチ情報◆土日祝もランチあり。今回紹介したメニューは終日同料金
ボリューム ★★★☆☆  
また行きたい度 ★★★★☆

乾隆肉麺01
乾隆肉麺(けんりゅうろめん) 1,630円→1,030円

「冷やし中華」発祥の店として有名な高級中華料理の老舗「揚子江菜館」。
でもここは冷やし中華だけじゃなく、熱々の麺類も美味しいんです。
今回は以前から気になっていた「乾隆肉麺」をオーダー。
乾隆肉麺メニュー

何年か前に訪問した際もこのメニュー、サービス価格だったような気がするので
ずっとこの価格で提供しているようにも思えますが…。
この「乾隆肉麺」は中国皇帝史上200名の皇帝の中で最も長寿だった清朝の乾隆帝が好んだ料理を再現したものだそう。

乾隆肉麺03

簡単に言うと、豚の角煮が乗った汁そばです。
醤油ベースのスープに、飴色の分厚い角煮が4~5切。
‟スタミナ”を感じさせるメニューですが、意外にもあっさり。

乾隆肉麺02

角煮は皮付きのバラ肉。
皮の部分は多少脂は残っていますが
全体的に脂がしっかり抜いてあり、しつこさはなく、むしろサッパリ。

乾隆肉麺04

ホロホロ崩れる角煮は八角などのスパイスの香りが立っていて
少々薬膳っぽい風味が長寿をイメージさせるような…。

乾隆肉麺05

喉越しよしのストレート麺。
硬め仕上げで提供されますが、すぐに柔わ麺に変化するので、麺は早めに食べた方が…。
逆にスープは時間とともに角煮の濃厚な味わいが溶け出し、後半になるにつれ美味しさが増します。
スープは思わず飲み干してしまった美味しさ。これで長寿が期待できるなら毎日でも!

揚子江菜館外観01

創業明治39年。孫文や魯迅、蒋介石も通ったとの噂もあり、ほとんどが年配の常連客。
…と聞くと敷居が高そうですが、超老舗でありながら意外と入りやすく、一人でも気軽に立ち寄れるお店です。

※『揚子江菜館』のその他のメニューのレポート記事はコチラ
『元祖冷やし中華 五目涼拌麺』

Comments 0

There are no comments yet.