町の人々に愛される浅草庶民派グルメ!老舗「翁そば」の名物「カレー南蛮そば」

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

町の人々に愛される浅草庶民派グルメ!老舗「翁そば」の名物「カレー南蛮そば」


翁そば@浅草
東京都台東区浅草2-5-3
昼 11:45~15:00
夜 16:30~19:30
定休日 日曜
癒され指数 ★★★★☆
(ボリューム★★★3.5/また行きたい★★★★)

カレーそば02のコピー
カレー南蛮そば 650円

名物グルメが多い浅草エリアで、観光客ではなく町の人々に日常的に愛されている庶民派浅草名物。
それが創業大正3年の老舗「翁そば」の「カレー南蛮」。
浅草に行くなら、特にこれから寒くなる時期には一度は味わって欲しい一品。

カレーそば04のコピー

表面張力ギリギリ!
丼のふちまで目いっぱい注がれたカレー餡。
一滴もこぼさず運ばれてくることに驚き!
(ちなみにそれと同じくらい運んでくる若女将の美貌にもビックリです)

カレーそば03のコピー

ツヤツヤテカテカのカレー餡はまるでサンプルのよう。
箸を入れるのもためらわれます…。
こぼさずに食べるにはスープを減らしてからがいいなと思いきや、レンゲがない。

カレーそば15

しかし丼は熱く、想像以上の重量感。
この丼を持ち上げて口を付けてスープを飲むのも無理っぽいので、とりあえず箸を入れると…

カレーそば07のコピー

箸先にものすごい抵抗!
ぎゅうぎゅうに蕎麦が詰まっていて、麺が持ち上がらない!
なんとか麺を引っ張り出すとカレー餡ががっしり絡まる絡まる!
なるほどこれだけ絡まるなら、レンゲいらずでスープを平らげられますね…。

カレーそば08

蕎麦はうどんのような太打ちで平麺。
粘度の高い餡の重みのせいで麺はブチッと切れてしまうことも。
とにかく、丼から蕎麦が湧いているのでは?と思うくらい、食べても食べても減らない…!

カレーそば05のコピー

カレー餡はスパイスが利いていて思いのほか辛め。
アツアツな分、辛さも鋭く感じられ、一口目から汗がにじみます。
辛さの中にカツオの濃厚なダシと、関東風の醤油強めのキレのあるかえしが感じられ、これがとても美味しい。
具は鶏肉と玉ねぎのみとシンプル。
弾力のある鶏肉がたっぷり入っていて、食べごたえ満点。
玉ねぎの甘みもまたスパイシーなカレーによく合ってる!

カレーそば玉子のコピー

途中で生玉子(+50円)を追加。
最初から生玉子付きでオーダーすると、カレー餡の中に玉子を落とした状態で提供されるそうです。

カレーそば玉子02

辛さが玉子でマイルドになり、餡もクリーミーに変貌!

カレーそば01のコピー

ご飯ものがないお蕎麦屋さんなので、シメにご飯を投入ということはできませんが
普通盛りでも十分満腹になります。
もちろん大盛り(+100円)もありますが…大盛りを食べ切る自信はないなあ…。
次回、お腹に余裕があったら、お餅トッピング(+50円)を試してみたい。

カレーそば外観

それぞれのメニューにうどんと蕎麦があり、このカレー南蛮ももちろんうどんのオーダーが可能。
でも‟うどんのような”蕎麦が圧倒的人気です。
この日はランチタイムの終わり頃に伺ったのですが、厨房から「うどんはあるけれども蕎麦はあと一人分で終わり」との声。
ギリギリセーフ、でした。
[ 2018/10/13 10:43 ] 都内 名店 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バナー
最新記事6件
Twitter
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード