Welcome to my blog

「玉ひで」人形町 行列の‟元祖”親子丼!

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

玉ひで @人形町
東京都中央区日本橋人形町1-17-10(HP
昼の部/親子丼 11:30~13:30 昼膳・コース 11:45~14:30
夜の部/17:30~22:00(L.O 21:00)
定休日/不定休 HPで確認を
癒され指数 ★★★★
(ボリューム★★★☆☆/また行きたい★★★★)

玉ひで_親子丼01
親子丼 1,500円
スープ付

江戸中期創業、250年以上続く老舗の鶏料理店『玉ひで』。
ランチタイムはこの店発祥の「元祖親子丼」目当てに平日でも大行列。
そんな人形町の名物ともいえるおなじみの光景が見当たらないというウソみたいな日に遭遇。
これは予定を変更してでも行っておくべき!と入店。

玉ひで_メニュー

外では並んでなくても、中には行列が(笑)。あぁ、なるほど中でも待つんですね。
靴を脱いでレジにて注文し、お会計を済ませます。
ランチタイムは「元祖親子丼」の4種類(1500円~2200円)と「親子昼膳」(3300円)の5種類。
店内のテーブルは相席で60分の時間制限。

玉ひで_親子丼06
親子丼 1,500円

着席するとまもなく登場。金の丼がゴージャス!
蓋の上には小さな器が乗っていて、この中には漬物が。

玉ひで_親子丼02

家紋入りの本体の蓋を開けると、器の金色に負けない玉子の輝きが!まぶしい!神々しい!
やはり名物、オーラがハンパないです。

玉ひで_親子丼03

親子丼おなじみのミツバ(お店によっては海苔とか)の姿はなく、玉子と鶏肉のみ。
シンプルなのになんでしょうこの美しさは。

玉ひで_親子丼04

玉子はしっかり火が通っているところと、半熟部分、そして生の部分が絶妙なバランスで同居。
さらに優しい甘さの割下と玉子、これをご飯にまとわせる按配も絶妙!
二度掛けの玉子でとじているそうで、これがお見事。
汁がご飯に沁みているところもあれば沁みていないところもあり
ふんわり出汁のきいた茶碗蒸しを感じさせる部分もあれば
トローリと卵かけご飯を感じさせる部分もあるんです。
シンプルなのに味わい、食感が多彩。

玉ひで_親子丼05

そしてなんといっても東京軍鶏の美味しさが格別。
親子丼って、玉子のフワトロ加減が評価の対象になりがちですが、
鶏料理専門店だけあってやっぱり鶏肉が主役。
旨みの濃さ、弾力が、その辺の親子丼とは全然違う!
噛めば噛むほどにジュワッジュワッとにじみ出す力強い旨み。
またモモ肉とムネ肉を使っているので異なる食感と味わいが楽しめるのも魅力。

玉ひで_親子丼スープ

軍鶏も旨みが凝縮した軍鶏スープ付き。

玉ひで_外観

お店の人に伺うと、天候やイベント等の影響でごくまれに並ばず入店できる日があったりするのだそうです。
過去何度も行列の凄まじさに諦めて帰ったことを思うと本当にラッキーでした。

週末や連休は行列確実。天候対策しっかりして余裕を持ってお出掛けください。

Comments 0

There are no comments yet.