平成最後の夏 帝国ホテル店では最後の提供「氷あんず」

虎屋菓寮 帝国ホテル店
虎屋(HP
帝国ホテル本館 地下1階アーケード内
営業時間/11:00~18:30 (月~土曜) 11:00~17:30(日・祝)
日比谷とらや_杏05
氷あんず(小) 1,404円
【※帝国ホテル店限定/2018年9月30日まで】
癒され指数 ★★★(★3.5 )
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”で満足度を表現しています)

そろそろかき氷シーズンも終了ですね。
ソニーパーク銀座の「トラヤカフェ・あんスタンド銀座店」のかき氷も9月末で終了ですが
もうひとつ、9月末で終わってしまう「虎屋」のかき氷が。
それが「虎屋茶寮帝国ホテル店」限定の「氷あんず」。
日比谷とらや_menyu-

「氷あんず」、本来は虎屋茶寮の赤坂本店限定の夏の名物でした。
赤坂本店の改装、休業中につき、その期間は帝国ホテル店でのみ提供されてきましたが
2018年10月1日に赤坂店がリニューアルオープン。
平成最後の夏、帝国ホテル店での「氷あんず」の提供も最後の夏を迎えることに。

日比谷とらや_杏01

氷あんずは普通サイズと、一回り小さい小サイズの展開。
このブログを始める前に赤坂本店で「氷あんず」を食べたきりなのでかなり久々のご対面。
以前は普通サイズだったので、今回は小サイズにお目にかかることに。
想像以上にコンパクトでちょっとだけ後悔(笑)。

日比谷とらや_杏03

杏をふんだんに使った自家製杏ピューレがてっぺんに。
氷には煮杏、そして杏のリキュール「アマレット」の風味をきかせたシロップがかかっています。

日比谷とらや_杏02

この杏ピューレが、とても美味しいんですよね~。
ねっとりとした口当たりに濃厚な杏の美味しさが凝縮。
ここまで杏の魅力を生かしたピューレがあるだろうか!
ジュワーッと広がる甘酸っぱさ、至福です。

日比谷とらや_杏04

アマレットの香り豊かなシロップも甘過ぎず、爽やか。

日比谷とらや_杏06

ふっくらとした煮杏がこれまた最高なのです。
果肉からもジワーッと甘酸っぱさが染み出してきて。
氷の下からもこのとびきりの煮杏が出てきて、最後まで幸せ。

日比谷とらや_ショーケース

ここだと「氷あんず」は比較的スムーズに食べられますが
来年、本店で提供されるようになると「おそらく並ばないと食べられないでしょうね…、
少なくともリニューアル最初の夏はこれを待っている方が多いので」とスタッフの方が。

日比谷とらや_外観

「帝国ホテル店で継続して氷あんずを提供することは…」と聞くと
かぶり気味に「それはありません!」とのこと。
そのくらい「赤坂本店」を代表する夏の顔だったワケで。
本店に帰ってしまうのは残念ですが、リニューアルした本店もとても楽しみだし、
「氷あんず」とはそこでの再会を心待ちにしたいと思います。

※『虎屋茶寮』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『アルコール入かき氷 ラム』【トラヤカフェ・あんスタンド銀座店】
『苺みぞれ』【銀座店】
『宇治金時(小倉餡入り)』【銀座店】

Comments 0