Welcome to my blog

「175°DENO担担麺 GINZa」銀座2丁目 札幌の人気店が銀座に!「汁なし担担麺」

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

175°DENO担担麺 GINZa (ヒャクナナジュウゴド デノタンタンメン)
東京都中央区銀座2-6-16 銀座第2吉田ビル B1F(HP
営業時間/11:30~15:00 18:00~21:30
定休日/水曜
◆土日祝ランチ情報◆ランチサービスはなく終日同メニュー同料金
ボリューム ★★★☆☆
また行きたい度 ★★★☆☆

DENO_汁なし02のコピー
汁なし担担麺(シビれる) 850円
※麺は150gか200gどちらかを選択 

銀座に新たな担担麺の新店舗が誕生!
今年(2018年)1月12日オープンした「175°DENO担担麺 GINZa」。 札幌の人気担担麺店の都内初進出です。
いつも行列でなかなか入れなかったので開店時間直後に伺いましたが、それでも店内は8割埋まっている人気ぶり。
DENO_汁なし01のコピー
入口の券売機で「汁なし」か「汁あり」かを選び、さらに「シビれない」「シビれる」(850円)「すごくシビれる」(900円)の3種類から‟痺れ”レベルを選択。
辛いモノ好きですが初めてのお店だし、今回は一番人気の「汁なし担担麺」の「シビれる」で。
また「汁なし」は麺の量が150gか200gかが選べるます。せっかくなので200gに。

DENO_魚ランチ01
「汁なし」の食べ方はこんな表示が。まずは下から徹底的に混ぜる!ってことですね。

DENO_汁なし03のコピー
トッピングは自家製調味料で炒めた肉味噌、水菜、カシューナッツ。干し海老もあったかな?
平打ち麺の上には花椒の粉、そしてラー油の鮮烈な赤!
香辛料は四川省の山奥で店主が直接買い付けたものだそう。

DENO_汁なし07のコピー
混ぜるほどに麺にタレがしっかり絡んでいき、平打ち麺なので重量感も出てきて混ぜるのにやや力が必要。
まずは鼻先まで運んで、辛さにむせそうかどうかチェックしてから食べるクセがあるのですが…これなら大丈夫そう、と一気にすすると…あれ??全然辛くない。あんまり痺れてもこない。
これなら「すごくシビれる」を選ぶべきだったかも…。

DENO_味噌
早速、卓上ラー油を投入。辛さより‟痺れ”が増す感じ。
様子をみながらでしたが、結果的に結構足してしまいました。

DENO_汁なし06
麺はモチモチ。
ゴマの風味がマイルドでカシューナッツのコクが感じられます。
パンチがあるタイプではなく、全体的に優しい担担麺。
これなら辛いのが苦手な人でもイケるんじゃないかな。私のような辛いのが好きな人、刺激を求める人にはちょっと物足りないけれど。
最後に水を飲むとようやく痺れを実感しました。

DENO_汁なし05のコピー
ここ1~2年ぐらいの間に「麺屋虎杖 有楽町」「四川担担麺1841」 「ごまる」といった担担麺専門店、
さらにこの店の近辺には広島の「キング軒」「SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋」などがオープン、銀座は辛い麺の激戦区となっている模様。
食べ比べて自分の好みを見つけるのも楽しそうです。

Comments 0

There are no comments yet.