小岩駅前の純喫茶「白鳥」 「プリンアラモード」と「チョコレートサンデー」で昭和レトロにどっぷり浸る

白鳥@小岩
東京都江戸川区南小岩7-26-2
営業時間/8:00~21:00(L.O.20:30)
定休日/無
白鳥_2ショット03
(手前)プリンアラモード 770円
(奥)チョコレートサンデー 600円

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

小岩駅すぐそばの昭和レトロな喫茶店「白鳥」。
今はなかなか見掛けない懐かしいルックスの『プリンアラモード』と『チョコレートサンデー』を発見。

白鳥_プリンアラモード01のコピー
‟バナサン”(=バナナサンデーの略らしい)と呼ばれる、レトロな器がいいですね~。
スライド式にカットされたリンゴ、そして缶詰のミカンやパイン、チェリー!
昭和で時が止まったかのよう…。

白鳥_プリンアラモード04
舌にもったり感を残すノスタルジックなテイストの生クリーム。
そうそう、昔のクリームってこんなテクスチャーだったんですよね~。
カラースプレーのチョコも泣かせます。

白鳥_プリンアラモード02のコピー
訪問したのはちょうどお昼時。
「プリンは今仕上がったばかりでカラメルの固まり具合がイマイチかもしれないけど、いいですか?」と言われました。
なんと!プリン、手作りだったとは。

白鳥_プリンアラモード05
カラメルも美味しく仕上がっていたし、ツルンとした口当たりのプリンも優しい味わい。懐かしさに拍車がかかります!
手作りプリンの数に限りがあるそうで、売り切れになる日もあるとか。

白鳥_チョコサンデー01
チョコレートソースがたっぷり掛かったチョコレートサンデー。
幼少のパフェやサンデーには欠かせなかったポッキーのトッピングにもジーン…。
(…ちなみにポッキーといえば私はアーモンドポッキー派でした)

白鳥_チョコサンデー02
クラッカーがウエハースだったら昭和レトロ感アップだったなあ。

白鳥_チョコサンデー04
たっぷりのチョコレートソースで判別付きませんが、アイスはチョコレートとバニラの2種類。
コーンフレークもたっぷり。

白鳥_2ショット02のコピー
もうすぐ平成の時代も終わってしまうし、食品サンプルのような昭和のデザートに出会えるところはますます貴重になるのでは。
店内はなんと現役のインベーダーゲームもありました!

白鳥_syo-ke-suのコピー
パフェやクリームソーダも味わってみたいなあ。
「クリームあんみつ」にはわざわざ‟オリジナル”の文字も。まさか餡や白玉が手作りだったりするのかなあ。気になる!

白鳥_外観のコピー
その昔、明石家さんまさんが小岩の純喫茶でバイトしていたということですが
この小岩には当時から変わっていない、昔ながらの純喫茶がたくさん。
ラ・フォーレ」もそうですよね。
なかなか探索し甲斐のありそうな町です!

Comments 0