イチゴ好きは絶対行くべし!小岩「ラフォーレ」の「イチゴパフェ」&「イチゴのショートケーキ」

【※2018年7月31日より2階喫茶ラフォーレは当面の間休業とのこと。再開は未定】

【※1階の果物店は営業していますが2階喫茶ラフォーレは閉店となりました】
ラフォーレ @小岩
東京都江戸川区西小岩1-23-15 ハヤシフルーツ 2F
営業時間/9:00~19:30(L.O19:00)
定休日/水曜・日曜
※年末年始は営業日が変更。記事後半の画像をチェック!

ラフォーレ_いちご01
(左)イチゴパフェ 1,200円
(右)イチゴケーキ 1,000円
【※苺の季節限定】

癒され指数 ★★★(★3.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

これまでも高級マスクメロンを半玉使用した採算度外視の『生マスクメロンジュース』やフルーツごろごろ盛りの『フルーツパフェ』、断面が美しすぎる『フルーツサンド』など、小岩のフルーツの楽園『ラフォーレ』。
イチゴの季節が来たら今シーズンこそは絶対行こうと決めていました。
なぜならここの『イチゴパフェ』は都内のイチゴパフェの中でもビジュアル、CP抜群!と絶賛されている一品なんです。
ラフォーレ_メニューのコピー

12月に入ると登場する「イチゴパフェ」。店頭の黒板メニューにも「New」の文字が。
イチゴのシーズンだけの限定で、終了時期は明確にされていませんが毎年3月頃までは提供しているかと。

ラフォーレ_いちご03

てっぺんには大きな粒のイチゴ。さらに半割のカット苺が惜しげもなく散りばめられた、苺テロなパフェ。
口の中で苺の甘酸っぱさが地雷のようにちゅどーん!と弾けまくり。

ラフォーレ_いちご06

フレッシュな苺と苺ピューレ、それ以外はバニラアイスと生クリーム。
苺の美味しさに自信がないと提供できないシンプルな構成。

ラフォーレ_いちご07のコピー

苺ピューレもしっかり果肉感が残ったものなので、ほぼ苺。
一体、パフェ一杯に何粒苺を使っているんでしょう…。
とにかく「イチゴを食べたーっ!」という満足感がものすごいです。
めくるめく果汁感!

ラフォーレ_いちご04のコピー

老舗の高級果物専門店の苺をふんだんに使って1,200円。
小岩価格だなんて言う人もいますが、地方でもこのクオリティのイチゴパフェ、出せないんじゃないかと。
これが東京都内で食べられるなんて、貴重です。奇跡です。
小岩にわざわざ足を運んでも食べる価値、大いにあります。

ラフォーレ_メニュー01

そして苺のシーズンに忘れちゃいけないのがここのもう一つの名物「イチゴのショートケーキ」!

ラフォーレ_いちごショート03
イチゴケーキセット 1,200円
紅茶orコーヒーor ミルク付き
【※苺の季節限定】

ケーキ単品だと1,000円ですが、飲み物付きで1,200円。

ラフォーレ_いちごショート01

こちらもまたてっぺんには大きい苺がどーんと!
さらに中からも苺がまるごと一粒ごろんと。
以前食べた「フルーツパフェ」もそのフルーツの大きなカットに度肝を抜かれましたが
いい意味で大胆というか、大雑把というか。
恐らくこの1カットのケーキに大きな苺3粒は使ってますね。
1,000円は納得です。

ラフォーレ_いちごショート02のコピー

ソフトなスポンジに、ほのかに甘く質感のある生クリーム。
ちょっぴり懐かしい、昭和なテイストが漂う苺のショートケーキなんですよね~。
テイクアウトもできますが、これ上手に持ち帰る自信がない…。

ラフォーレ_eigyouannnaiのコピー

年末年始のスケジュールはこんな感じ。
いつもは日曜が定休日ですが、今月は日曜も営業!
小岩から離れている方にもチャンスです。

ラフォーレ_いちご02のコピー

美味しいフルーツが堪能できるカフェなのに、喫煙可。
これが唯一の残念ポイントですが…それを我慢してでも苺のシーズンは特に訪問して損はありません!

※『ラフォーレ』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『生マスクメロンジュース』
『フルーツサンド』『卵サンド』『アイスコーヒー』
『フルーツパフェ』

Comments 0