大丸東京『イノダコーヒ』の季節限定『洋梨のクープ』


イノダコーヒ 東京大丸支店
イノダコーヒ(HP
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 8F
営業時間/10:00~20:00 10:00~21:00(木、金)

洋梨のクープ01のコピー
洋梨のクープ ドリンクセット 1,500円
【※東京大丸支店限定・期間限定】

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

京都の老舗コーヒーショップ『イノダコーヒ』の東京大丸支店限定で提供している“季節のクープ”。
9月の『シャインマスカットのクープ』以降、気に入ってチェックしているデザートなんです。
先月10月はハロウィンデザートの提供で“クープ”はお休み。
そして今月11月は大好物のフルーツのひとつ『洋梨のクープ』が登場!
洋梨のクープメニューのコピー

今回も大丸東京B1Fにあるベルギーワッフルの老舗『MAISON DONDOY(メゾンダンドワ)』とのコラボスイーツ。

HPやメニューでこの写真をしっかり見て楽しみにしていただけに…

洋梨のクープ02

…実物にガッカリ感が否めないのですが。
「秋をイメージしたデザート」とありますが
洋梨のチップスも洋梨のフォルムを成しておらず、クタッとしおれているし。
食用のほおずきのトッピングは黄桃になっているし。

洋梨のクープ03のコピー

キャラメルのアイスと記載されてあるのですが、キャラメル風味は感じられず
味はどう考えても『イノダコーヒ』名物の「レモンアイス」。
ここの「レモンアイス、好きだからいいんですけどね。
ルバーブジャムの酸味とも相性ピッタリですし。
ただこの爽やかな味わいは秋というより夏。

洋梨のクープ05

『シャインマスカットのクープ』の時はワッフルは別添えだったのですが
今回はワッフルがトッピングされております。
なので、せっかくのサクサク感は損なわれていて、しっとり…。
まあ、しっとりも悪くないのですが。

…といろいろ残念なことはありつつも。

洋梨のクープ04のコピー

主役の洋梨の赤ワインコンポート、これは格別でした。
赤ワインの香りと滑らかな洋梨の旨みが絶妙。

ビジュアルや記載が異なることでもたらされた残念な気持ちも
洋梨のコンポートの美味しさが吹き飛ばしてくれました。
この洋梨の量が多ければ文句ナシでしたが。

洋梨のクープ06

中からはチョコクッキーがザクザクと!

カフェオレ

ドリンクセットはコーヒーor紅茶orカフェオーレ付き。
ホットのカフェオーレにしました。
この昭和レトロなたたずまいがたまりません。
ちなみに銀の持ち手、かなり熱いのでご注意。

今回のクープは『シャインマスカットのクープ』を超えられませんでしたが…今後も季節のクープ、チェックし続けます。

※『イノダコーヒ』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『ラムロック』/『アップルパイ』
『レモンアイス』/『アラビアの真珠』
『シャインマスカットのクープ』【※2017年9月限定】

Comments 0