Welcome to my blog

「マンゴーツリーキッチンパッタイ」グランスタ丸の内 東京初のパッタイ専門店で辛くて爽快「パッキーマオ」

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

mango tree kitchen PAD THAI(マンゴツリーキッチン パッタイ)
グランスタ丸の内


東京都千代田区丸の内1-9-1JR東日本東京駅構内地下1階 改札外(HP)
営業時間/7:00~22:00 月~土 7:00~21:00 日・連休最終日の祝日
定休日/なし

◆土日祝ランチ情報◆モーニング以外は同メニュー同料金

癒され指数 ★★★★☆(ボリューム★★★/また行きたい★★★★)
 
パッキーマオ01のコピー
パッキーマオ 880円
スープ付き

人気のタイ料理レストラン「マンゴーツリー」が手掛けるタイの焼きそば“パッタイ”専門店。
ベースのパッタイに海老や豚、鶏や牛などバリエーション豊富なトッピングで楽しめます。
前回は全部のトッピングが楽しめる「全部のせパッタイ」を頂きましたが、今回は辛いパッタイ「パッキーマオ」に。
パッキーマオ03のコピー

「パッ=炒める」、「キーマオ=酔っ払い」という意味の「パッキーマオ」。
店主が酔っ払って作った、酔いも覚めるほど辛い、アルコール度数の高い酒を飲んだように熱くなるほど辛い…など名前の由来は諸説あるようですが、つまり激辛の炒め麺、ってことです。

パッキーマオ04

ガパオライスの麺バージョン、といわれますが、まさにその通り。
ただ、通常のガパオより何倍も辛い!
ガパオ(ホーリーバジル)の風味も強めで辛さの中に爽快感が!

パッキーマオ05のコピー

この店の自慢である、米農家と開発したオリジナルのモチモチの生米麺に
生の胡椒と唐辛子のWパンチ。
辛いモノ好きの私でも思わず「辛っ…」とつぶやいたほど、鋭い刺激が駆け抜けます。

パッキーマオ06のコピー

辛いけどこの辛さがクセになるんですよね~。
一度これを食べるとノーマルに戻れなくなりそう…。

パッキーマオ07

鶏の旨みたっぷりのスープ付き。
アツアツのスープを飲むと麺の辛さがアップします(笑)。

パッキーマオ02

オリジナルの生麺のツルツル感、コシ、そしてなんともいえないモチモチ感。
ここにしかない独特の食感がたまらないです!

パッキーマオメニューのコピー

「パッキーマオ」以外はそれほど辛くなく、パッタイらしい甘酸っぱい味わいの焼きそばとなっています。

マンゴーツリーパッタイ_外観のコピー

場所は2017年8月30日に完成した新エリア、JR東京駅地下1階の改札外の「グランスタ丸の内」。
ここ、とても充実していて楽しいんですよね~。
最近は東京駅近辺をフラフラするのがお気に入りです。

※『マンゴツリーキッチン パッタイ グランスタ丸の内 』のその他のメニューのレポート記事はコチラ
『全部のせパッタイ』

Comments 0

There are no comments yet.