Welcome to my blog

「Tamarind(タマリンド)」 ギンザシックス 北インドと南インドのカレーが一緒に楽しめる!「ミールスランチ」

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

Tamarind (タマリンド)
Tamarind (HP
GINZA SIX 6F 
ランチ  11:00~15:00(L.O.14:00) 月~金 11:00~17:00(L.O.16:00) 土日祝
ディナー17:00~23:30(L.O.22:30) 月~金 17:00~23:00(L.O.22:30)土日祝

◆土日祝ランチ情報◆土日祝もランチあり ただし今回のミールスランチは平日の内容&価格。土日祝は内容と価格が変わります

癒され指数 ★★★☆☆(★3.3)
〈ボリューム★★★/また行きたい★★★(★3.3) ギンザシックスの中ではお得だし、北と南が同時に味わえる面白さがイイ!〉


タマリンド_ミールスランチ01
ミールスランチ 1,350円
カレー3種・サンバル・ラッサム・バスティマライス・プーリー・パパド・フルーツライタ付

南インドと北インドから料理人を招聘し、南北インド料理が楽しめるお店。
一番人気のこの「ミールスランチ」は先日「王様のブランチ」でも紹介されたとか。
タマリンド_メニューのコピー

平日のランチは920円~。
高級店だらけのギンザシックスの中で1,000円以下で楽しめるランチがあるなんて良心的!

タマリンド_ミールスランチ02

丸いプレートにライス、プーリー、パパド。
それに沿うような三日月状のプレートにカレーとスープ。

タマリンド_日替わりカレーのコピー

カレーは南北の4種類のカレーから3種類チョイス。
カレー1種類のCランチはカレーの辛さが選べますが
このミールスランチに関しては辛さは選べないようです。

タマリンド_ミールスランチ03のコピー

三日月状のプレートの左がカレーでその隣がサンバル、そして右端がスープ。
選べる3種のカレーは南インドから「南インド風野菜カレー」を
北インドから「シュリンプバターマサラ」「サグチキン」を選びました。

タマリンド_ミールスランチ04

一番左から右へ「南インド風野菜カレー」「シュリンプバターマサラ」「サグチキン」。
どれもそれ程辛くはありませんがどれもスパイスが効いてます。

タマリンド_ミールスランチ10

シュリンプバターマサラ。
とても甘く、酸味が広がり、その後にナッツ系のコクが追いかけてくる!
この甘酸っぱさ、なかなか個性的です。

タマリンド_ミールスランチ11

サグチキンはホウレンソウとチキンのカレー。
スパイスがしっかり漂いながらも、まろやか。

タマリンド_ミールスランチ05

右は辛みと酸味のあるスープ、ラッサム。ラッサムはお代わり自由です。
左は南インドのサラッとしたカレー、サンバル。スパイシー!

タマリンド_ミールスランチ06

食べ方は自由ですが、
ココナッツミルクベースの南インドのサラッとタイプのカレーはバスティマライスに掛けて食べるのがおススメで
カシューナッツベースの北インドのトロッとタイプのカレーはプーリー(揚げパン)に付けて食べるのがおススメだそう。

タマリンド_ミールスランチ08

豆のおせんべいパパド。
そのままでもいいけれど、砕いてバスティマライスに掛けて、カレーを楽しむのもいいですよ、とのこと。

タマリンド_ミールスランチ07

南インドのサラッとカレーが馴染むバスティマライス。おかわり自由。

タマリンド_ミールスランチ09のコピー

そして北インドカレーに付けて食べる揚げパン、プーリー。
チャパティを揚げたもの。フワッとしていて柔らかくほのかに甘い!
これ、美味しかったです。
ナン以外で味わう北インドカレー、新鮮でした。

タマリンド_ミールスランチ12のコピー

食後はフルーツライタ。
フルーツが入ったヨーグルトですが、これも何気に美味しかった。

タマリンド_外観

北インドと南インドのカレーが一緒に食べられるお店ってありそうであまりないんですよね。
しかも北、南、それぞれ担当のシェフが調理しているので本格的な本場の味。
一緒に食べると違いも分かるし、楽しさも広がります。

Comments 0

There are no comments yet.