平井「ワンモア」で東京一とも日本一とも言われる‟レジェンド”「ホットケーキ」!

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

平井「ワンモア」で東京一とも日本一とも言われる‟レジェンド”「ホットケーキ」!


ワンモア@平井
東京都江戸川区平井5-22-11
営業時間/ 9:30~16:30(LO16:00)
定休日/日・月
ワンモア_ホットケーキ02
ホットケーキ 550円
癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”で満足度を表現しています)

直木賞作家・常盤新平氏のエッセイで「東京 一美味しい」と紹介され
かつて「マツコの知らない世界」では「日本一」と称されたホットケーキが
江戸川区平井にある純喫茶「ワンモア」のホットケーキ!
ワンモア_ホットケーキ03
これぞまさにホットケーキ!という、正統派のルックス。
惚れ惚れするキツネ色の美しい焼き色の生地が2段。
ちなみに表面のバターは溶けたのではなく、あらかじめ有塩バターが塗られているんです。
ワンモア_ホットケーキ04のコピー
銅板で時間をかけて焼き上げたホットケーキは、外側はサックリ、内側はフンワリの極上の焼き加減!
有塩バターの塩分が卵とミルクの甘い香りをグッと押し上げます。
ワンモア_ホットケーキ01のコピー
さらにシロップをたーーっぷり掛けると甘じょっぱ感がアップして美味しさもアップ。
素朴だけれど、別格の美味しさ。
まさにホットケーキのレジェンド!
ワンモア_ホットケーキ06
イマドキのフワとろ、スフレタイプの生地とは一線を画する、中までしっかり満遍なく火が通っているタイプ。
香ばしさとふっくら感が同居する、昭和のホットケーキ。
レシピも公開されていますが、この味、この姿、家ではとても出せないなあ。
長年の経験と使いこまれた銅板あってこそ。
ワンモア_メニューのコピー
サンドイッチもとても有名ですが、「ホットケーキ」と「フレンチトースト」がお店の二大名物。
ワンモア_ドリンクメニュー
ドリンクも昭和の純喫茶!を感じさせるラインナップ。いいなあ。
ワンモア_外観0のコピー
テレビで取り上げられた後しばらくはものすごい行列でしたが、今は並ばずに入れます。
営業時間が短く、日曜はお休みなのでハードルは高いけれど、このホットケーキのために平井へわざわざ行く価値はあります。
ワンモア_外観のコピー
JR総武線平井駅から徒歩3分ぐらい。
平成最後の夏に、昭和の純喫茶が誇る底力ある味わいを是非。
[ 2018/08/04 09:30 ] 他地域カフェ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バナー
最新記事6件
Twitter
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード