築地・洋食の名店ランチ「蜂の子」 

蜂の子
東京都中央区築地1-5-8 (HP
ランチ  11:30~14:00
ディナー 18:00~21:00
定休日 土曜・日曜・祝日
◆土日祝ランチ情報◆ ランチ・営業ともに平日のみ
ボリューム ★★★☆☆
また行きたい度 ★★★☆☆ (3.5です Bランチがビーフシチューなら★4つ)
蜂の子_Cランチ01
Cランチ  950円
オムライス(デミソース) ハンバーグ 本日のフライ(この日はコロッケ) サラダ
※オムライスはデミソースか、ケチャップかが選べます
テレビや雑誌でしょっちゅう取り上げられているのが、
この『蜂の子』のオムライスです!

オムライスといえば、今やどこもかしこも
卵が半熟状のタンポポ風オムライス…となりつつある中、
昔ながらの正統派オムライスが味わえる、貴重な店でもあります。

蜂の子_Cランチ04

チキンライスを包む、この卵の薄ーい感じ。絶妙です!
食べても食べても食べ飽きない!という
見事な味ワザを持つ絶品オムライスです。

蜂の子_Cランチ02

ハンバーグも肉の旨みがぎゅっと閉じ込められていて
手作りならではの美味しさがじわじわ舌に伝わります!

蜂の子_Cランチ03

コロッケも抜群。
サックリと歯ざわりのよい衣からジャガイモの素朴な旨みと肉の味わいが
しっとりと染み出します。

続いての一品
蜂の子_Bランチ03
Bランチ  850円
ポークのチーズ焼きマッシュポテト乗せ 白菜のクリーム煮ソース

蜂の子_Bランチ01

ポテトとチーズがこんがり焼けて香ばしい!
さらに白菜の甘みがとろーんとソースに染み出たクリームソースが
旨みに拍車をかけ、豚肉が多彩な味わいを発揮!

蜂の子_Bランチ02

洋食屋さんにしか見えませんがフレンチのお店で、
この日替わりのBランチ、時々ランチに出るのは信じられない、
すんごい手の込んだフレンチの一品が出てきたりもします。


以前、Bランチがビーフシチューだったときがあるのですが、
これには仰天でした。
大きな牛肉の塊が皿にでーーん!と…。
ボリュームもさることながら肉がとろけるような柔らかさ!
んもー、うっとりでした!
これ、普通に食べたらかなり高価だろうなー…と思いつつ味わった感動、
忘れがたいです。

あれ以来、あのビーフシチューにはお目にかかっておりませんが
そうでなくても、かなりイケてるメニューが登場します。
ただ、Bランチはすぐになくなってしまうのと、
この店、お昼前に行っても結構混んでいるんですよねー。
確実にBランチにありつけるタイミングが、実は難しいんですよね。

蜂の子_外観

かなり隠れ家的なお店ですが、超人気店。
この界隈で知らない人はいないという有名店です。

1階のテーブル席がいっぱいでも、
2階(レストランというより、普通のおうちの食卓ですが)で食べることが出来ます。
(2階、なかなかユニーク。必見です。)
1階を外からのぞいて混んでても、あきらめないで、お店の扉を開くといいと思います。
大方、「2階へどうぞー」なんて案内されますよ。

※『蜂の子』のその他のランチメニューのレポート記事はコチラ
『Aランチ』【※2012年リニューアル後】
『Bランチ』【※2012年リニューアル後】

Comments 0