柔らかな陽射しを舌に届ける ほっこり洋菓子 「陽なた堂」の「ミルクレーズン」

【※松坂屋銀座店の閉店とともに終了】
陽なた堂 松坂屋銀座店

『陽なた堂』(HP
松坂屋銀座店 B1F 営業時間/10:30~20:00

陽なた堂_ミルクレーズン01
『ミルクレーズン』 1個 241円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

レーズンサンドの専門店『陽なた堂』。

別館で『レーズンサンドFile』を展開している、
レーズンサンドマニアの顔も持つ私としては

レーズンサンドといえば、レーズンをサブレとクリームで挟んだ
いわゆる“レーズンウィッチ”のようなもの

がレーズンサンドの基準となっているワケですが
そしてそんなレーズンサンドもちゃんとあって、
それがとっても美味しい『陽なた堂』ですが
(→陽なた堂『クッキーサンド』のリポート記事はコチラ

こういうスタイルのレーズンサンドもなるほどアリなのね、
と思わせてくれたのがこの『ミルクレーズン』。

陽なた堂_ミルクレーズン03

よく見かける、スポンジの中にクリームが入ってる
“○○ボンブ”のようなお菓子だと思っていたら、ちょっと違って
どら焼きの皮にレーズンとクリームがサンドされている、そんな洋菓子です。
陽なた堂_ミルクレーズン04

ふっかふかの柔らかい生地にコクのあるミルキーなクリームがたっぷり!
これこそ“ボンブ”=砲弾といってもいいくらい、
ちゅどーんダッシュと口の中でクリームが爆発します。
そしてその中からジューシーなレーズンが…。

切る位置が悪くて、レーズンが少なく見えますが、
たっぷり、満遍なく入ってます。

陽なた堂_ミルクレーズン02

なんだか食べたことある…的な味わいですが
ミルキーなクリームとレーズンという組み合わせが新鮮。

極上の柔らかさと懐かしいミルクの味わい。
『陽なた堂』だけに
まるで舌がひなたぼっこしているかのような、そんなほっこり感に包まれる…。
1年中展開しているお菓子ですが、春という季節によく似合う、お菓子という気がします。

おもたせにも使えますが、賞味期間は1日です。

※『陽なた堂』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『レーズンミルフィーユサンド』
『とろとろチョコレーズン』/『やわらかホワイトチーズ』【※2010年バレンタインスイーツ】
『クッキーサンド』【※2009年バレンタインスイーツ】
銀座スイーツ★4_スイーツ

Comments 0