天婦羅の一流店でお値打ちランチ「しのはる」

テンプラリョウリ ギンザ シノハル
天扶良料理 銀座 しのはる


東京都中央区銀座4-13-11 M&SビルB1 HPはコチラ
昼 11:30~15:00 (L.O.14:30)
夜 17:30~22:00 (L.O.21:00)
定休日 日・祝

◆土日祝ランチ◆ 通常ランチは月~土曜

ボリューム ★★★☆☆ 
また行きたい度 ★★★☆☆ (コースも是非味わいたいです)

この店の一品
しのはる_天丼01
しのはるサービス天丼(限定20食)  1000円
12:30過ぎに行ったので入り口でおそるおそる
「『サービス天丼』はまだ大丈夫ですか?」と聞くと
まだできますとのことでホッとして入店。
予算的にもこれが目当てだったので、なければ帰ろうと思ってました。

意外と店内も混んでいなくて、しかも皆様、気合の入った天ぷらコース。
サービス天丼は自分たちだけ…。
昼からのんびり贅沢できる方がくるお店のようです。

しのはる_天丼04

さて、念願のサービス天丼。
エビ2本にキス、アスパラ、かぼちゃ、ブロッコリーなど。

天丼特有の濃い香りが全くないのにまずビックリ。
そういえば色も(店内がやや暗かったので画像では濃い色に見えますが)
普通の天丼より白っぽいんです。

しのはる_天丼03

衣はふんわり。天ぷらというよりフリッターみたいな感じ。
秘伝のタレは濃くなくてあっさりしています。

途中でヘビーになって食べきれない天丼が多い中、
平気で食べ切れるのが驚き!
胃もたれ感が全くなく、「天丼を食べたー」っていう感じが(いい意味で)しないんですね。
後で喉も渇かなかったし。

しのはる_天丼05

ごま油の強い香りもほとんど感じられず…
とはいうもののごま油の風味は確かに感じられるので
不思議に思って後で調べると、
“江戸時代から続く伝統の製法「玉締めしぼり」の胡麻油”だそうです。
特別なごま油なんですね。

ちょっと味わったことのない、新鮮な天ぷらでした。

長芋の漬物もいい感じ。

しのはる_店内

日本橋の天ぷらの専門店『稲ぎく』で修業を積んだ職人達が
2003年に開いたお店、ということでまだまだ新しいお店なんですが、
すでに『VVV6』に紹介されてたり、テレビや雑誌でも頻繁に見掛けるお店です。

女性スタッフの丁寧な対応が
とても印象的
でした。

しのはる_外観

このビルの1Fのエントランスの奥に地下へ続く通路があり、
地下へ進むとお店があります。
銀座土日ランチ_和食

Comments 0