「ギャレットポップコーン」東京駅店 期間限定の「抹茶キャラメルクリスプ」の“甘苦い”がイケます

【※閉店しました】
ギャレット ポップコーン ショップス 東京駅店
ギャレット ポップコーン ショップス(HP)
東京駅一番街 B1F 営業時間/10:00~20:00
ギャレット03
(左)シカゴミックス(S) 430円
(右)抹茶キャラメルクリスプ(S) 450円
【※3月15日~4月15日の期間限定販売】


癒され指数 ★★★(★3.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

アメリカ・シカゴ生まれの老舗ポップコーンブランド「ギャレット ポップコーン ショップス」。
東京駅店は「あ、そんなに並んで無いじゃん!」と並ぼうとすると、
お店から離れた通路の脇にさらに何段階にも分かれた行列が出来ているんですよね…。

ギャレット04

この日も、それ程並んでいないように見えて、どーせ向こうには行列があるんでしょうよ、
と、いつものように通り過ぎようとしたら。
「今なら待たずに購入できまーす」との声!
さすがにもう人気が無くなったのかな?という不安もよぎりましたが
この機会を逃すワケにいかない!と入店です。
ギャレット05

購入したのは、一番人気の「シカゴミックス」と
今だけの期間限定販売の「抹茶キャラメルクリスプ」。

キャラメルチーズ02

シカゴミックスはカリカリのキャラメルコーティングした「キャラメルクリスプ」と
チェダーチーズを贅沢に使ったふわっと軽い食感の「チーズコーン」をミックスしたもの。

キャラメルチーズ01

「キャラメルクリスプ」はキャラメルの濃厚な甘さと香ばしさが後を引く!
そして「チーズコーン」は思ったより塩気が強くチーズのコクも強い。
このパンチのある2種類、一緒に食べるとケンカになりそうなのに
不思議と相手を引き立て合うんですよね。
甘じょっぱさ加減が絶妙で、クセになります、この味。止まらないです。

抹茶01

期間限定販売の「抹茶」。日本限定フレーバーだそうです。
こちらもベースはキャラメルコーティングなので、カリカリ香ばし系。

想像以上に抹茶が苦味ばしっていて、こちらは“甘じょっぱい”ならぬ“甘苦い”
甘くて苦い、なんて、決して魅力的に聞こえない響きかと思いますがこれがイケる!
甘さとほろ苦さのバランスが憎いぐらいに素晴らしい。

ギャレット02

なるほど、並ぶわけですね~。
ただ、キャラメルとチーズのミックスであれば
近くの大丸で並ばず買える「ヒルバレー」の方がワタシ好みかな。

「抹茶」は、並ばないなら再び即買い!
並んでいるなら行列を眺めてちょっと考えてもいいかな~…そう思わせる味でした。

ちなみにワタシが訪問したのは平日のお昼ちょい前でした。

Comments 0