ロイスダールの銀座ウィッチ 銀座三越B1F ~シャイ?な銀座土産~

ロイスダール 銀座三越店

ロイスダール(HP)
銀座三越 B2F 営業時間/10:00~20:00

ロイスダール_銀座ウィッチ003


『銀座ウィッチ』 1箱(4本入) 525円
(ほか8本入り1050円・16本入もあり)

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

GWだから…と、昨日に引き続きお送りする、帰省土産・東京土産におススメなスイーツ。
今回は程良い上品さと美味しさを兼ね備えた銀座限定土産をお届けします。

『ロイスダール』といえば、誰もが一度は口にしているアマンドリーフというリーフパイが看板商品。
そのアマンドリーフ生地にレーズンとマロンをクリームでサンドした2種類のパイが
4本入りなら2本ずつ、8本入りなら4本ずつ…といった具合に、1箱に半分ずつ入ってます。
ロイスダール_銀座ウィッチ001

(右)アーモンドたっぷりのサクサクの軽いリーフパイにはレーズンが。
(左)ちょいとビターなショコラ(だと思われます)のリーフパイにはチョコクリームとマロンが。
しつこくなく上品で、ちょっと大人の雰囲気も漂わせる…まさしく『銀座』っぽい味わいです。

ロイスダール_銀座ウィッチ002

ロイスダールのショップは全国に数あれど、これは銀座三越にしかない銀座限定商品!キラキラ(オレンジ)
ああ、なのに…なのにぃぃ…↓

【ロイスダール 銀座ウィッチの巻】
ロイスダール_銀座ウィッチの巻

パッケージに『銀座ウィッチ』とどーんと書いてあれば、
もらった人も「銀座のお土産っっ!!」と感動が倍増しそうなものなのに
シャイなのか、会社の方針なのか…

あえて『銀座』をアピールしてないんですねえ。泣き顔
せっかくの素敵な銀座土産なのに、もったいない…。
箱の裏の原材料のシールに遠慮がちに『銀座(ウィッチ)』と小さくあるのみ…
いや、でももしかしてこれは「“銀座”と書いて“ウィッチ”と読め!」『銀座=わが社のウィッチ』!
という、遠慮がちに見えて実はものすごく大きなアピールとか、計画なのかもしれません。
だとしたら…『ロイスダール』、侮れません!

冷やして食べるとパイがしっとりして、これまた一味違った味わいが楽しめますよー♪

※『ロイスダール』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『パイサンド』
『マカロン』
『マカロンクレヨン』

Comments 0