都内では5店舗のみの取り扱い 「洋菓子のヒロタ」の「マッカーサーが愛したシュークリーム」

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

都内では5店舗のみの取り扱い 「洋菓子のヒロタ」の「マッカーサーが愛したシュークリーム」


洋菓子のヒロタ 日比谷駅店
ヒロタ(HP
東京都千代田区有楽町1-13-1 都営三田線 東京国際フォーラム方面改札横
営業時間/月~金 9:00~21:30 土 9:00~21:00 日・祝 10:00~20:00
定休日/なし

マッカーサシュークリーム
マッカーサーが愛したシュークリーム 1箱 4個入 680円
【※東京都内5店舗限定販売】

癒され指数 ★★★ 
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

日比谷駅の『ヒロタ』で気になるシュークリームを発見。
その名も「マッカーサーが愛したシュークリーム」。
しかも“テリー伊藤氏大絶賛”、“都内5店舗限定販売!”と
なにかと興味が沸く文言が並んでいます。

マッカーサ02

ブック型のパッケージの中には
マッカーサーのトレードマークであるサングラス(のシール)を付けたシュークリーム!
カスタードとチョコレートの2種類のシュークリームが2個ずつ入っています。
マッカーサ03

パッケージに書いてある解説によると
終戦後の1947年1月25日、ヒロタ創業者の廣田定一氏が
当時の連合軍最高司令官、ダグラス・マッカーサーにバースデーケーキをプレゼント。
その繊細なおいしさに感動したマッカーサーが、当時の日本人に対して初めて感謝状を送ったとか。

マッカーサ06

このエピソードを聞いたテリー伊藤氏が、是非その味を再現させよう!と提案、
こうして70年ぶりに復刻となったのが、この「マッカーサーが愛したシュークリーム」なのだとか。

マッカーサ05

至って普通のシュークリームですが、食べるとかなり甘め!

プチシュー01

というのも、このシュークリームのポイントは“70年前の味わい”。
終戦直後の70年前、当時の日本人の「甘いもの」に対する強い憧れを想像して
「甘味」を前面に打ち出した仕上がりにこだわったとか。

プチシュー02

ふわふわの生地に、甘いカスタードクリーム。
ある一定以上の年齢方にとってはこの甘さ、懐かしい甘さでもあります。

チョコシュー01

チョコレートの方はエクレアのようにシュー生地にチョコのトッピングで
中のクリームもチョコレート。

チョコシュー02

チョコレートクリームはカスタードよりもずっと甘め。

甘さ控え目が当たり前、チョコレートもビターなものが主流の現代、
これだけしっかりと甘さが入ったレトロなチョコレートクリームは久々。

説明ショーケース

5月1日から販売されたとのこと。
期間限定商品のような気もしますので、マッカーサーと同じ感動を味わいたい方はお早めに。

東京都内での取り扱いは、日比谷駅店・新橋駅前店・Echika表参道駅店・新宿西口メトロ店・シャポー本八幡店の5店舗。
西日本エリアではJR大阪駅構内店・南海ナンバ駅店・南海ナンバ駅2階構内店・地下鉄天王寺駅店・JR天王寺駅構内店・地下鉄三宮駅店の6店舗。
あとはネットのオンラインショップで購入できるそうです。

※『洋菓子のヒロタ』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『銀座ジュレ』
『季節のシュークリーム あずき&ホイップ』
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

よろしくお願いします<(_ _)>
バナー
最新記事6件
ツイッターはじめました!
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード