Welcome to my blog

衝撃のオトナ味!「COFFEE STAND 36℃」のペッパー入りシュークリーム

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

COFFEE STAND 36℃
東京都中央区銀座3-10-5 丸八銀座ビル 1F (FB
営業時間/8:00~18:00
定休日/土曜・日曜

セット01
シュークリーム ドリンクセット 500円
【※シュークリーム1個と1ドリンク】

こちらのスイーツの記事は「レッツエンジョイ東京」にも掲載されております。
よろしければご覧下さい!→コチラ

セット04
シュークリーム (単品) 1個 350円
(手前)Wペッパーカスタードホイップ
(右)きまぐれシュースコーン

癒され指数 ★★★(★3.3)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

「あずきロイヤルミルクティー」など、私のツボ!な気になるメニューを提供してくれる「COFFEE STAND 36℃」。
通りすがりにチラ見しては様子を伺っているのですが…発見しましたよ、またしても気になるメニューを!
それがこの店オリジナルの2種類のシュークリーム。
ペッパーシューセット
Wペッパーカスタードホイップ ドリンクセット 500円
※ドリンクはカフェラテ

「Wペッパーカスタードホイップ」はその名の通り、ペッパー使用という衝撃のシュークリーム。
しかも“W”、ダブルですよ!

ペッパーシュー03

“W”ペッパーのひとつが、表面にトッピングされた赤い粒。
ホワイトチョココーティングに乗っている粒々、
一見ベリーに見えるかもしれませんが…実はペッパーなんですね~。

じゃあもうひとつのペッパーは、というと…

ペッパーシュー04

なんとカスタードクリームの中に!!
たっぷり入っている黒い粒々、これ、普通のシュークリームならバニラビーンズです。
でもこちらのシュークリームはブラックぺッパーなんです!

ペッパーシュー05

とろとろのなめらかなカスタードクリームに
時折ピリッと刺激を走らせるブラックペッパー。
…なかなかスリリングな味わいです。

でもこれがですね、変じゃない。
非常にうまくまとまってるんですよ。
そもそもカスタードクリームが美味しいんです。
しかも「詰めすぎ!」ってくらいたっぷり入っていて贅沢!
シュー生地もフワフワで心地良いソフトな食感。
ブラックペッパーを入れなくても、十分美味しいシュークリームとして成立するハズ。
…だからこそ、ブラックペッパーを使っても成立している気がします。

ペッパーシュー06

抜群の遊びゴコロと抜群のバランス感覚は
是非実際味わって確かめて欲しいです。
ただし、この味わいは子供にはちょっと理解できないかも…。
大人のシュークリーム、ってトコではないかと。

セット02
気まぐれシュースコーン ドリンクセット 500円
※ドリンクはカフェラテ

シューマフィン05

もうひとつのシュークリームは「シュースコーン」。
上がシュークリームで、底の部分がスコーン。

シューマフィン01

今流行の「ハイブリッドスイーツ」(異なる2種類のスイーツをかけ合わせた新しいスイーツ)かと思いきや
掛け合わせではなく合体モノ。
シュークリームとスコーンをカスタードクリームで合体させているんです。

シューマフィン02

スコーン部分はその日によって変わるので、“気まぐれ”という冠が付いています。
この日はチョコチップ入りの抹茶スコーン。
こちらのお店、スコーンも名物だけあって、美味しかったです。

シューマフィン06

ちなみにこちらのカスタードクリームにはペッパーは入っておりません。
なので、子供さんでもOK。

形状的にシュークリームとスコーンを一緒に頬張る、ということが出来なかったので
合体した味わいや食感は楽しめませんでしたが、バラバラに食べてもこれはこれで美味しいし
なんたってシュークリームとスコーン2つが味わえるおトク感がウレシイ!

メニュー01

2種類のシュークリーム、どちらも激しく気になったので1個に絞れず
「シュークリーム2個ぐらいならいけるでしょう!」とドリンクセット+単品1個で2個オーダーした私。

メニュー

そんな私に「食べられなかったらお持ち帰りもできますよ」と店員さん…
…食べてみて分かりました。
1個のボリューム、これ、なかなかのものでした。
もちろん、残さず頂きましたけれども。

外観

今後もどんなメニューを出してくれるのか、私にとっては目が離せないカフェです。

※「COFFEE STAND 36℃」のその他のメニューのレポート記事はコチラ
『あずきロイヤルミルクティー』

Comments 0

There are no comments yet.