2年間の限定出店「ルコント」銀座店でアイドル『スウリー』と夢の再会!

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

2年間の限定出店「ルコント」銀座店でアイドル『スウリー』と夢の再会!


ルコント銀座店
ルコント(HP
東京都中央区銀座7-8-6
営業時間/11:00~21:00 月~金 11:00~20:00 土日祝

スワン&スウリー01
(左)スワン 378円
(右)スウリー 454円


癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

日本のフランス菓子の草分的存在『ルコント』が閉店したのは2010年9月26日。
突然すぎるニュースに当時はひどくショックを受けたものです。
それが2013年に広尾で復活。そしてなんと昨年(2014年)12月5日に銀座店がオープン!
ミッキー・ミニーよりも、私にとっちゃアイドル的存在のネズミ『スウリー』
再び銀座で会える日がくるなんて…感激です!!
スウリー06
スウリー 454円

つぶらな瞳は以前のままですが、若干イマ風の顔立ちになった気も。

スウリー01

甘~いフォンダンをまとった、サクサクの歯ごたえのあるシュー生地。
シュークリームといえばふわふわ!が当たり前だった当時、
こういう、いかにも“フランス流”のシュークリームって、斬新だったんですよね。

スウリー05

今では珍しくなくなったタイプのシュークリームとはいえ、
それでも美味しいとしみじみ思わせるのはサスガ!
特にカスタードクリームがイイんですよね~。
卵の香りが高いぷるんとしたカスタードクリームは
豊かなコクの中にバニラの香りがたっぷり溶け込んでいるんです。

スウリー03

その贅沢なクリームを包み込む、ちょっと塩気の利いたシュー生地と甘いフォンダンのバランスもよし!
『スウリー』、私にとって永遠のアイドルだわ、やっぱり!

スワン01
スワン 378円

美しいスワンのシュークリームもまた、『ルコント』の自慢の一品。

スワン04

サクッフワッのシュー生地。
程よい脂肪分があって甘さはぐっと控えめ、この生クリームがたまりません!
たっぷり入っているのも魅力。

フルーツケーキ01
フルーツケーキ カット 324円

そして『ルコント』で絶対に外してはいけないのが、この『フルーツケーキ』。
ラム酒に漬け込んだ10種類のドライフルーツは、
代々受け継がれたルコント秘伝の蜜を使用した伝統の味!

フルーツケーキ02

生地よりも圧倒的にフルーツの占める割合が多い!
よくもまあこれだけのフルーツをうまく生地に閉じ込めたなーと思わず関心してしまうフルーツケーキです。
どうやってカットしたのか不思議なくらい、ペラペラのカットではありますが
この1切れにこれでもか!というくらいの洋酒の風味が封じ込められていて
ドライフルーツから染み出すわ染み出すわ、じゅわじゅわと…。
伝統もギュギュッと凝縮された、味と感動の宝石箱!
私にとっては、ここのフルーツケーキはフルーツケーキの中の王様です。

ショーケース

アイドルネズミと王様フルーツケーキに再会した喜びで
あまりにも浮かれていた私…。
舞い上がって店員さんに「ショーケース、撮影してもいいですか?」と聞いたら
快く了承してくださいました。

外観

この銀座店は2年間の期間限定出店とのこと。
2年間の間に絶対、以前の夢でもあったフルーツケーキ1本買いを
今度こそは必ず果たそうと心に決めました。

※『ルコント』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『スウリー』 『ミントショコラ』 『ババ オ シャンティー』
『タルトポティロン』
『バレンシア』
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

よろしくお願いします<(_ _)>
バナー
最新記事6件
ツイッターはじめました!
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード