「オクシタニアル」@日本橋 クラブハリエのフランス菓子店が水天宮前に復活!

オクシタニアル 東京本店
オクシタニアル(HP
東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-7
営業時間/10:00~19:00(L.O.18:30)
定休日/不定休

2ショット01
(左)マントショコラ 453円
(右)マリエ  453円


癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

場所は水天宮前、ランチで紹介した「翠蓮」の近くに2014年1月にオープンした「オクシタニアル東京本店」。
以前は神谷町にあったお店ですが、移転のためにクローズとなりようやく復活!
個人的には以前よりも近い場所になり、足が運びやすくなったことがウレシイ限りです。

マントショコラ05

この「オクシタニアル」はバームクーヘンで有名な「クラブハリエ」が手掛けるフランス菓子専門店。
以前は様々な形のプティガトーが並んでいましたが、
今回ショーケースを飾っているのは、円盤形や長方形で、背が低いものが中心。
シンプルですが表面のデザインや色がストレートに目に飛び込んでくるので逆にインパクトがあります。
イチゴ03
マリエ 453円

赤と白の鮮やかなコントラストの「マリエ」は定番人気。
イチゴ風味のミルクチョコとイチゴジュレ、ホワイトチョコのムース。

イチゴ04

エクゼクティブシェフのステファン・トレアン氏が
奥様のマリエさんをイメージして作ったケーキとのこと。

イチゴ02

見た通り、エレガントな味わいです。
ふんわりと軽いホワイトチョコムースは上品な甘さ。
その優しい甘さにイチゴの酸味が穏やかに重なります。

イチゴ05

表面は白と赤で清楚な印象ですが
断面はチョコレート生地のスポンジでぐっと大人っぽい印象。

マントショコラ01
マントショコラ 453円

他にもいろいろ食べたいものがあったのですが、
チョコミント好きとしてはどうしても外せなかった!
軽いミント味のババロアに生クリームのチョコの組み合わせ。

マントショコラ04

サイドのチョココーティングの部分にはナッツが隠れていて、
香ばしいアクセントに!

マントショコラ06

さりげないミント風味がなんともオシャレ。
そよ風のようにミントの風味が爽やかに駆け抜けます。
チョコ!ミント!といった極端な味わいではなく、チョコとミントがとても品良くまとまっているんです。
ミントが苦手な方にも抵抗なく味わえるんじゃないでしょうかね。
なめらかなババロアにふんわりとしたココアスポンジ、底のパリッとしたチョコなど、食感もとても楽しい一品。

外観

イートインできるカフェも併設されています。
オープンしてうっかり1年経過しちゃいましたが
今年はそれを取り戻すべく、頻繁に通います!

Comments 0