「東京ハ二ーシュガー」がホワイトチョコをまとって…冬季限定「ブラン王女の秘密のレシピ」

ヨックモック 東京銘品館中央口店
ヨックモック(HP
東京駅構内 東京銘品館
営業時間/6:30~21:30

ブラン王女03のコピー
東京ハ二ーシュガー
ブラン王女の秘密のレシピ 1箱 5個入 702円

【※冬季限定/3月下旬までの販売予定】
賞味期限/60日

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

2014年5月の東京駅限定のお土産&スイーツランキングの第一位に輝いた「東京ハニーシュガー」
その冬季限定版がこの「東京ハ二ーシュガー ブラン王女の秘密のレシピ」。

ブラン王女01のコピー

「東京ハ二ーシュガー」をホワイトチョココーティングしただけなのに
一気にディズニーチックなネーミングになってビックリ。
これも“アナ雪”の影響でしょうか…。
ブラン王女04のコピー

蜂の巣をイメージした六角形のゴーフレット生地に
ミツバチがちょこんと止まったデザイン。
ホワイトチョコが掛かったせいでちょっと分かりづらくなってしまったのが残念かな。

ブラン王女05のコピー

「東京ハ二ーシュガー」のあのザクッ!とダイナミックな歯ごたえも、
ホワイトチョコのワンクッションで少々優しい食感に感じられます。

ブラン王女07

このホワイトチョコもなんとハチミツ風味。
だから、ハニー感が倍増!
全く違う商品のように感じられますね~。
思いっきり違うネーミングを授けた理由が分かる気も。

ブラン王女06

「東京ハ二ーシュガー」のほうは、ビジュアル的に分かりやすくてかわいらしいし、味・食感ともにインパクトがあります。
「ブラン王女~」のほうはよりはちみつが濃厚なので好みが分かれるかもしれませんが、
今しか買えないという魅力があります。
どちらがいいか…どっちも買って食べ比べてみるというのもいいかも。

東京駅構内に東京銘品館は4箇所にあり、「東京ハ二ーシュガー」はどこでも取り扱っているんですが
この冬季限定の「ブラン王女の秘密のレシピ」は場所も限定。
東京銘品館の中央口店にしかないので、ご注意を。

※『ヨックモック』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『東京ハ二ーシュガー』
『パンプキンパイ』 【※ヨックモック東京駅一番街店限定 2012年ハロウィンスイーツ】
『ブラゾン ドゥ ショコラ』【※2012年ホワイトデー限定商品】
『フラッペ』(ロイヤルミルクティー/マンゴー)
『マロンのミル・クレープ 』/『いちごのミル・クレープ』【※東武池袋店・東武船橋店限定】

Comments 0