「銀笹」銀座8丁目 並ぶ価値あり!「銀笹らーめん&鯛めし」

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

「銀笹」銀座8丁目 並ぶ価値あり!「銀笹らーめん&鯛めし」


銀笹
東京都中央区銀座8-15-2 藤ビル1F (ぐるなび
昼 11:30~15:00
夜 17:30~22:00
定休日 日曜・祝日

◆土日祝ランチ情報◆ ランチはなく、終日同メニュー・同料金

ボリューム ★★★☆☆
また行きたい度 ★★★☆☆(★3.8 行列がなければ★4なんですが…)

塩ラーメン02のコピー
銀笹らーめん 塩 850円

銀座にしょっちゅう行けるというエリアにいると、
「…また今度にしよう」と行列の店は避けてしまいがち。
そんなこんなで行きそびれてしまった店がいくつもあるのですが、この「銀笹」もそのひとつ。
地方から遊びに来た人に「行きたい!」と言われて、オープンから4年経って、ようやくの訪問となりました。
塩ラーメン01のコピー

透き通った美しいスープ!
ラーメンには詳しくないので知らなかったのですが、「端麗系ラーメン」って呼ぶそうで…。
昆布・鰹節・煮干・鶏ガラ・豚骨等から取った和風ダシのスープは見た目通り優しく上品ですが、
キリッとした塩分と、しっかりとしたコクも感じさせてくれます。

塩ラーメン03

トッピングは炙りチャーシュー・鯛のつみれ・メンマ・白髪ネギ・糸唐辛子。
チャーシューは炙った部分が香ばしく、そしてジューシー!

塩ラーメン06

ラーメンの具としては珍しい、鯛のつみれ。
実はこのラーメン店、近くにある鯛茶漬で有名な懐石料理の「あさみ」で修行を積んだ職人さんが
「どうしてもラーメン店をやりたくて」開いた…っていうのはすっかり有名な話ですよね。
鯛のつみれにはエビとレンコン入り。レンコンのサクサク感がたまらない!
繊細なダシもそうですが、こうしたトッピングにも和食職人らしさが光ります。

薬味

別皿で提供される薬味。
乾燥した海苔のようですが、どうもそれだけでは無いような…。

塩ラーメン04

投入して劇的に変わるワケではありませんが
ちょっとした味の変化が楽しめます。
入れた瞬間はサクサクなので、食感も楽しい。

塩ラーメン05

麺は中細ちぢれ麺。
スープがしっかり絡みます。

鯛めし01
鯛めし 350円

ハーフサイズの「半鯛飯」(200円)もありましたが、2人で行ったのでシェアしようとこちらに。
思ったよりボリュームがありました。
後から気付いたのですが「半で一膳、普通は2膳分」との表記が…。
(女性二人でシェアすることを考えても、半鯛飯で十分かと)

塩ラーメン08

鯛めしはもちろんそのまま食べてもいいのですが
ラーメンのスープを掛けて、お茶漬けスタイルで頂くのが主流。
ラーメンの器に注ぎ口があるのはそのためなんですね~。

鯛めし02

この茶漬けが非常に美味しい!
この店は、ここまで食べてこそ!ではないかと。
ラーメンだけだと「ちょっと塩が強いかな~」なんて思われたスープも
茶漬けにするとちょうど良くて
このシメを見越しての味付けのような気もしたほど。

メニュー

「らーめん」と「つけめん」の2種類で、どちらも「塩」か「白醤油」味。
でも、この日の圧倒的人気は「らーめん」の「塩」でした。

外観のコピー

土曜日の開店30分前(11:00)に行ったのですが、すでに10人ぐらいの行列が。
この日は晴れてはいたものの、冷たい強風が吹き荒れていたので
30分の間に遭難するかと思いました…。
そして開店の11:30には行列は30人超に。
出た頃には画像のように行列が“人だかり”みたいな団子状に膨れ上がっていました。
土曜日だったから特に多かったのかもしれませんが
この時期に行くなら防寒対策バッチリで是非…。
並んだことが苦にならない、納得・満足のお味ですので
スープの最後の一滴までご飯に吸わせて、きっちり味わってしっかり温まってください。
[ 2015/02/18 12:21 ] 銀座_ラーメン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

よろしくお願いします<(_ _)>
バナー
最新記事6件
ツイッターはじめました!
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード