目覚めるような衝撃の美味しさ!「帝国ホテル東京 ガルガンチュア」の「ブルーベリーパイ」

帝国ホテル東京 ガルガンチュワ
帝国ホテル東京ホテルショップ(HP
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館1階
営業時間/8:00~20:00

ブルーベリーパイ02
ブルーベリーパイ (9cm) 648円
賞味期限/2日

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

あまりの衝撃の美味しさにアップすることさえすっかり忘れていたネタがあったので、ここで。
それは「帝国ホテル」のテイクアウトショップ「ガルガンチュワ」で購入できる「ブルーベリーパイ」!
1971年の開店以来、愛され続けている人気商品で
なんと日本で最初に商品化された、日本初の「ブルーベリーパイ」でもあるんです。
ブルーベリーパイ05

もう、この照りがまばゆい!キラキラの黄金色!輝きからして別格。
「やっぱりホンモノは輝きが違う!」、宝石ならばそうつぶやくトコです。
まさに「元祖」と呼ぶにふさわしい存在感を放っています。

IMG_6616.gif

さらに直径9cmと小さいながらも、そのずっしりとした重量感に驚きます。
食べなくてもすでにそのすごさが分かるってもんですが、食べると想像以上!

ブルーベリーパイ03

パイは表面がパリッパリ!そして土台のパイはしっとり。
「折りパイ」と「練りパイ」で異なる食感を生み出しているそうです。
時間が経っても、このサクサク感が健在なトコも凄い。
そしてサクサクのパイ生地を割ると、ぎっっしりと詰め込まれたブルーベリーのフィグが登場!
普通のブルーベリーパイならば「こんなに詰まってたら甘くて食べられなーい!」
って萎えるトコですが…

ブルーベリーパイ04

このブルーベリーフィグは舌に乗せると滑らかでとろけるよう!
レモンジュースの酸味とシナモンのほのかな香りが隠し味として大活躍していて
甘さはあるけれども甘すぎず、一口食べると最後。夢中で1個ぺロリ!です。

これまでいくつもブルーベリーパイ、食べてきたような気がしますが
へえ~、元祖ってこんなに美味しかったんですねぇ…。
そしてこの元祖を超えられるブルーベリーパイ、なかなか無いってことも同時に知ってしまいました。

まさに目覚めるような美味しさ!
…って、これって目にいいブルーべリーの効果?

Comments 0